全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

地元球児バックアップ 社会人6チーム30人協力  中・高3年最後の大会サポート

 夏の甲子園野球の県代替大会・庄内地区予選に地元の社会人6チームがサポートを買って出ることになった。硬式の鶴岡野球クラブなどで25日の組み合わせ抽選に先立ち、会場となる鶴岡ドリームスタジアムで会合を持った。サポートは田川中体連大会・野球競技でも行われることになり、地元の中・高球児にとって力強いバックアップになりそうだ。

 内容的にはグラウンド整備、給水、ボールボーイ、消毒作業、検温、旗掲揚など7項目に各日計30人が動員される。高校大会では7月11、12、18の3日間。中学大会は同23日からの予定。呼び掛け人の鶴岡野球クラブ遠藤智彦監督は「高3、中3の2世代は最後の晴れ舞台がなくなってしまい、それを思うと言葉にならないほど残念で悔しい気持ちだと思う。代替大会ではあるが、最後の大会を無事に終了するため、協力したい」とサポートの理由を話した。打ち合わせ会では鶴岡地区野球連盟の曽川利和会長が「プロ野球も開幕した。無観客ではあるけど、やはり野球はいいな、とあらためて思う。選手たちが精いっぱいのプレーができるよう、サポートしてほしい」と激励した。

 ◇参加サポートチーム▽硬式=鶴岡野球クラブ▽軟式=三川球友、鶴岡信用金庫、プレイヤーズ、オール鶴岡、鶴岡市役所野球部

各自のユニホームに身を包んだチーム関係者。試合当日は統一されたビブスを着用してサポートに当たる

関連記事

釧路新聞社

一面紫のじゅうたん アヤメ見頃【厚岸】

 【厚岸】厚岸霧多布昆布森国定公園内にある「あやめケ原」(町末(ま)広(びろ))で22日、第65回あっけしあやめまつり(厚岸観光協会、町主催)が始まった。敷地面積約100㌶にヒオウギアヤメ約3...

長野日報社

赤砂崎公園に土俵完成 荒汐部屋諏訪湖後援会が整備 長野県下諏訪町

 大相撲の荒汐部屋(東京)を支援する諏訪地方の有志でつくる「荒汐部屋諏訪湖後援会」は、長野県下諏訪町で8月に実施予定の同部屋の夏合宿を前に、同町の赤砂崎公園に新しい土俵を整備した。22日に完成し...

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

荘内日報社

渚の交番 カモンマーレ10万人 鶴岡 1周年に達成 記念イベント 魚つかみ取り マ..

 鶴岡市加茂で昨年6月にオープンした「渚の交番カモンマーレ」の来館者が22日、10万人に達し、記念のセレモニーが行われた。同日はオープン1周年の記念イベントも開かれ、夏空が広がり目の前の海が青さを増す中...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク