全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

善意での再生工事が本格化 道内最古、国の文化財 旧士幌線アーチ橋梁

本格化する第三音更川橋梁の補修工事。寄付に対する感謝の看板も掲げられた

 国の登録有形文化財に指定されている旧国鉄士幌線・第三音更川橋梁(きょうりょう)の補修工事が本格化している。NPOひがし大雪アーチ橋友の会(那須襄太郎代表)が集めた寄付金と、上士幌町のふるさと納税の指定寄付として集まった計約1億円を充てる“再生工事”。橋には寄付に対するお礼の看板が設置されている。

 第三音更川橋梁は1936年に竣工(しゅんこう)。全長71メートルで、大小四つのアーチで構成されている。道内で現存する最古の鉄道用コンクリートアーチ橋で、中央のアーチ部分(径間32メートル)も鉄道用コンクリートアーチ橋では最大となる。

 第三音更川橋梁を含む十勝三股までの同線コンクリートアーチ橋梁群は、自然景観に配慮して設計されており、北海道遺産にも認定されている。

 工事は小寺・田西経常建設共同企業体(JV)が担当。主に橋脚下部の補強、橋の最上部(天端)の防水と排水対策のほか、橋全体の表面を補修し、線路があった部分には砂利を敷いて線路も配置する。5月から足場を組むなど作業が始まり、工期は11月末まで。お礼の看板は縦3メートル、横12メートルの大きさで、23日に設置された。

 同JVの小寺友之代表(小寺建設社長)は「内部で骨材が落ち空洞になっている所もあるが、80年以上たってもコンクリートはまだがっちりしている」と話している。

関連記事

釧路新聞社

一面紫のじゅうたん アヤメ見頃【厚岸】

 【厚岸】厚岸霧多布昆布森国定公園内にある「あやめケ原」(町末(ま)広(びろ))で22日、第65回あっけしあやめまつり(厚岸観光協会、町主催)が始まった。敷地面積約100㌶にヒオウギアヤメ約3...

長野日報社

赤砂崎公園に土俵完成 荒汐部屋諏訪湖後援会が整備 長野県下諏訪町

 大相撲の荒汐部屋(東京)を支援する諏訪地方の有志でつくる「荒汐部屋諏訪湖後援会」は、長野県下諏訪町で8月に実施予定の同部屋の夏合宿を前に、同町の赤砂崎公園に新しい土俵を整備した。22日に完成し...

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

荘内日報社

渚の交番 カモンマーレ10万人 鶴岡 1周年に達成 記念イベント 魚つかみ取り マ..

 鶴岡市加茂で昨年6月にオープンした「渚の交番カモンマーレ」の来館者が22日、10万人に達し、記念のセレモニーが行われた。同日はオープン1周年の記念イベントも開かれ、夏空が広がり目の前の海が青さを増す中...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク