全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

善意での再生工事が本格化 道内最古、国の文化財 旧士幌線アーチ橋梁

本格化する第三音更川橋梁の補修工事。寄付に対する感謝の看板も掲げられた

 国の登録有形文化財に指定されている旧国鉄士幌線・第三音更川橋梁(きょうりょう)の補修工事が本格化している。NPOひがし大雪アーチ橋友の会(那須襄太郎代表)が集めた寄付金と、上士幌町のふるさと納税の指定寄付として集まった計約1億円を充てる“再生工事”。橋には寄付に対するお礼の看板が設置されている。

 第三音更川橋梁は1936年に竣工(しゅんこう)。全長71メートルで、大小四つのアーチで構成されている。道内で現存する最古の鉄道用コンクリートアーチ橋で、中央のアーチ部分(径間32メートル)も鉄道用コンクリートアーチ橋では最大となる。

 第三音更川橋梁を含む十勝三股までの同線コンクリートアーチ橋梁群は、自然景観に配慮して設計されており、北海道遺産にも認定されている。

 工事は小寺・田西経常建設共同企業体(JV)が担当。主に橋脚下部の補強、橋の最上部(天端)の防水と排水対策のほか、橋全体の表面を補修し、線路があった部分には砂利を敷いて線路も配置する。5月から足場を組むなど作業が始まり、工期は11月末まで。お礼の看板は縦3メートル、横12メートルの大きさで、23日に設置された。

 同JVの小寺友之代表(小寺建設社長)は「内部で骨材が落ち空洞になっている所もあるが、80年以上たってもコンクリートはまだがっちりしている」と話している。

関連記事

ネオワイズ彗星を初撮影 石垣島天文台 堀内研究員が雲間から捉える

 石垣島天文台は7日、ネオワイズ彗星(すいせい)の撮影に成功した。同彗星は2020年3月27日、NASAの赤外線天文衛星NEOWISE(ネオワイズ)によって発見された彗星。7月頃、明け方の空で明るく...

長野日報社

学習就労支援を開始 駒ケ根市がIBMのプログラム活用

 駒ケ根市は7日、日本アイ・ビー・エム(IBM)が提供する社会貢献プログラム「SkillsBuild(スキルズビルド)」を活用した学習就労支援を始めた。市内に開設している駒ケ根テレワークオフィ...

荘内日報社

来年2月1-2日「王祇祭」史上初の中止

 鶴岡市黒川地区に長く伝わる黒川能(国指定重要無形民俗文化財)の「王祇祭」が来年中止されることが明らかになった。6日、春日神社の難波玉記宮司(77)から能役者をはじめ関係各所に通知された。毎年2月1~2...

群島在住者は観覧料100円 奄美パーク、島々の自然文化知る機会に 奄美市..

 鹿児島県奄美市笠利町の県奄美パークは4日、奄美群島在住者限定で観覧料の減額を始めた。地元住民に改めて奄美の自然や民俗、芸術などの魅力に触れる機会を提供する。8月31日まで。  同施設は来年で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク