全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

三国志の武将が完成 チェーンソーアート

関羽をチェーンソーで彫る城所ケイジさん(御坊市熊野で)

 和歌山県田辺市龍神村のチェーンソーアーティスト城所ケイジさんが、スギの大木を使った作品を御坊市内で完成させた。中国・三国時代の武将として知られる関羽を力強く表現している。
 御坊市熊野の土木業、中家組(中家伊三次会長)の事務所前で、延べ10日ほど作業に取り組んだ。同社は2018年から、敷地内に大掛かりなイルミネーションを年中点灯させており、立ち寄りスポットになっている。
 中家会長が、自身が好きな武将である関羽を作ってほしいと、城所さんに依頼。かつらぎ町から直径約1・3メートルのスギを取り寄せた。
 城所さんは、人物をモチーフにした作品は多くないが、中家会長所有の彫刻を参考にしながら着手。足の位置などポーズを工夫し、木の太さを最大に生かしながら彫刻した。
 完成した作品は高さ約2メートル。城所さん独自のアイデアで、関羽の胸元にライオン、肩にはうろこが象徴的なコイを彫って迫力を持たせた。左手で長いひげを束ねている。右手に持つ長刀は、別の木を使うことなく、人物と一体として彫ることにこだわった。表情は、勇ましさの中にも優しさが感じられるように仕上げたという。
 作品の仕上がりに中家会長は「素晴らしいの一言」と語り、三国志で語り継がれている他の人物も作ってもらいたいと期待を寄せている。
 城所さんも「県内産のスギでこれほど大きな木材を手掛けたことは少なく、やりがいがあった。人物ということもあり、ディテール(細部)にもこだわったので見てもらいたい」と話している。
 作品は、事務所に設けた台に据え、来訪者に見てもらえるようにする。

関連記事

ネーミングライツを検討 伊良部球場と新総合体育館 宮古島市

2021年9月に供用開始した市伊良部野球場と、新たに建設される市総合体育館について、宮古島市がネーミングライツの導入に向け準備を進めていることが18日、分かった。同日行われた開会中の市議会6月定例会一般質...

北羽新報社

二ツ井小児童が枝打ち体験 楽しみながら山の手入れ 能代市

 能代市二ツ井小(安井敦子校長)の3年生が18日、同市二ツ井町梅内の山林で枝打ちなど杉林の育成作業を体験した。児童たちは、木材として利用できるほどの大きな木に成長するには長い時間がかかり、枝打ちな...

7月に「三河赤引糸」を伊勢神宮へ奉納 新城の養蚕農家・滝本さん

 新城市出沢の養蚕農家滝本雅章さん(72)が、繭を出荷した。絹糸にし「三河赤引糸」として7月4日に伊勢神宮に奉納する。  奥三河地方では約1300年前から蚕を育て、絹糸を伊勢神宮に奉納していた...

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク