全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

当時の国民が目にしたもの

蒲郡市博物館で「同盟写真」でみる戦争展

 蒲郡市博物館は、戦後75年にちなみ、「『同盟写真』でみる戦争」のコーナー展示を始めた。7月12日まで。  「同盟写真特報」は戦時中、国民の戦意を高揚させる役割を担った同盟通信社が、戦況などを伝えるため、ほぼ日刊で発行していた。各号約10万部。学校や職場などに配布、掲示されていたが、新しい紙面が届くと古いものは処分されてしまうことが多く、まとめて残っているのは全国的に珍しいという。  収蔵品248点は2018年、市民が寄贈した。ほとんどが1943年1~9月に発行されたもの。わずかに42年のものも混ざっていた。寄贈者も「なぜ家にあったかは分からない」としている。  今回は、このうち114点を展示した。43年当時の日本は、前年6月のミッドウェー海戦で空母4隻が撃沈される大敗を喫し、西太平洋のガダルカナル島の戦いで敗北が決まるなど戦局が転換した時期。43年5月には、アッツ島守備隊が玉砕した。  博物館学芸員の平野仁也さんは「当時の人々が目にしたものが、ありのままの資料として見られます。ぜひ来てください」と話した。  午前10時~午後5時で月曜と第3火曜は休館。場所は1階の特別展示室で入場無料。

同盟通信  1936年1月に設立した社団法人の通信社。現在の共同通信、時事通信の前身。第2次世界大戦下の日本の独占的通信社。国策として当時の二大通信社だった日本電報通信社(後の電通)の通信部門と新聞連合社が合体した。政府の保護と指導を受け、内外通信の入手と配布を一手に引き受けたほか、世論統制にも協力した。海外に多数の特派員を送り、記事を国内の新聞社に配信して。終戦後間もなく解散した。

関連記事

紀伊民報社

返礼品に「一日駅長」 車内放送も体験 すさみ町

 和歌山県のすさみ町とJR西日本、日本旅行は14日、すさみ町のふるさと納税の返礼品として、町内にある周参見駅での「一日駅長体験」を共同企画したと発表した。3人限定で、寄付額は50万円と設定。「リ...

全国温泉サミットin虎杖浜 魅力発信 知名度向上へ 来月7日から 白老

白老町の虎杖浜温泉ホテル駐車場を会場に7月7日から3日間開催される「全国温泉サミットin虎杖浜温泉」(日本源泉かけ流し温泉協会主催)まで、1カ月を切った。同協会に加盟する温泉、浴場関係者が全国から...

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

荘内日報社

漁火照らす港でゆったり 酒田 能登被災者応援イベント

 今年元日の能登半島地震で被災した石川県内の漁業者支援を目的にしたチャリティーイベント「第1回酒田港漁火(いさりび)まつり」が14日夕、酒田市の酒田港東ふ頭交流施設「SAKATANTO(サカタント)」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク