全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

マスクも「衣替え」

接触冷感生地など夏用マスクの素材が並ぶ手芸店(田辺市北新町で)

 新型コロナウイルス対策で定着したマスクの着用だが、暑い夏場は熱中症につながる恐れがある。そこで、涼しい素材で作った夏用マスクに「衣替え」する人が増えている。手芸店や雑貨店でも人気で、すでに品薄だという。

 和歌山県田辺市北新町の手芸・クラフト材料専門店「ハトヤ」は、夏用マスクの素材として、綿織物「高島ちぢみ」、レース生地、接触冷感生地などを販売している。
 清涼素材として、すててこなどに使われてきた高島ちぢみで作ったマスクの内側に接触冷感生地を使用したり、レース生地とシングルガーゼを組み合わせたりといった活用が人気という。5月から夏用の需要が増え、素材が品切れになることもある。
 店は「マスク不足をきっかけに、普段手芸をしていなかった人も手作りするようになった。使い捨てマスクが流通してきたが、不織布よりガーゼの方が涼しいと夏用も手作りする人が多い」という。
 同市湊の布雑貨「中野工房」では、オーダーメードのマスクを販売している。最近は素材として接触冷感生地を使用したカジュアル衣料品店の機能性肌着を持ち込み「これでマスクを作ってほしい」という注文も多いという。サイズも一人一人に合わせている。
 同市南新町の「みす屋呉服店」では、レース生地のマスクを販売している。内側にブラウスやハンカチの素材となる綿ローンを使用している。小池百合子都知事がレース生地のマスクを着用しているのをテレビで見て、注文する人が多いという。
 マスク生活のストレスを軽減してもらおうと、新宮市でアロマ製品の製造販売を手掛ける「エムアファブリー」は、マスクに自然の香りを付けるアロマスプレーを販売している。
 「熊野の森」セットはスギやヒノキ、クロモジなど地元の自然木のフローラルウオーター(植物蒸留水)が5種類。香りで気持ちを切り替えられるとともに、消臭や殺菌効果も期待できるという。手作りの布マスクでも使い捨てにも使用可能。他に梅やユズなど5種類の香りを集めた「フルーティー」セットもある。

関連記事

紀伊民報社

返礼品に「一日駅長」 車内放送も体験 すさみ町

 和歌山県のすさみ町とJR西日本、日本旅行は14日、すさみ町のふるさと納税の返礼品として、町内にある周参見駅での「一日駅長体験」を共同企画したと発表した。3人限定で、寄付額は50万円と設定。「リ...

全国温泉サミットin虎杖浜 魅力発信 知名度向上へ 来月7日から 白老

白老町の虎杖浜温泉ホテル駐車場を会場に7月7日から3日間開催される「全国温泉サミットin虎杖浜温泉」(日本源泉かけ流し温泉協会主催)まで、1カ月を切った。同協会に加盟する温泉、浴場関係者が全国から...

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

荘内日報社

漁火照らす港でゆったり 酒田 能登被災者応援イベント

 今年元日の能登半島地震で被災した石川県内の漁業者支援を目的にしたチャリティーイベント「第1回酒田港漁火(いさりび)まつり」が14日夕、酒田市の酒田港東ふ頭交流施設「SAKATANTO(サカタント)」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク