全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

築34年倉庫 憩いの場 27、28日に内覧会 幕別

窓から光が差し込む明るい雰囲気の倉庫内。左が谷保さん

 一般社団法人「NORTH ReDESIGH(ノース・リデザイン)」(帯広市)のメンバーらは、幕別町の築34年の倉庫を改修し、地域住民の憩いの場となるスペースを開設した。今後、音楽イベントやワークショップなどさまざまな用途で使われることを目指している。27、28の両日は内覧会を開く。

 同法人は昨年3月、地域の活性化に向け、高校の同級生ら10人で設立。メンバーの一人である札幌市の1級建築士谷保明洋さん(53)が、幕別町内の公園や風景などに魅力を感じたことをきっかけに、3年ほど前から「高齢化や空洞化などの問題に歯止めをかけたい」と構想を練っていた。

 昨年6月、改正建築基準法の施行で空き家の改修などに関する一部規制が緩和されたことから、実現に向け本格始動。国道38号沿いに立つ木造一部2階建ての空き工場(幕別町本町62)をリフォームし、工場の特徴を生かしながら木の温かみに包まれた憩いの場を造り上げた。倉庫内は、縦30センチ、横30センチほどの木のボックスを自由に組み合わせ、棚や仕切りとしてスペースをアレンジできる。

 倉庫は、地域住民にレンタルし、交流会や展示会などで活用してもらう意向。谷保さんは「思いのある人に活用してもらい、地域とつながってほしい。この箱を拠点に地元の人たちと今後どのような町にしていきたいか意見交換ができれば」と話す。

 内覧会は27日午後1時~同5時、28日午前11時~午後3時。地元アーティストによる音楽ライブや写真の展示を行う。同時入場人数を10人程度とする予定。問い合わせは谷保さん(090・2694・7135)へ。

関連記事

ネーミングライツを検討 伊良部球場と新総合体育館 宮古島市

2021年9月に供用開始した市伊良部野球場と、新たに建設される市総合体育館について、宮古島市がネーミングライツの導入に向け準備を進めていることが18日、分かった。同日行われた開会中の市議会6月定例会一般質...

北羽新報社

二ツ井小児童が枝打ち体験 楽しみながら山の手入れ 能代市

 能代市二ツ井小(安井敦子校長)の3年生が18日、同市二ツ井町梅内の山林で枝打ちなど杉林の育成作業を体験した。児童たちは、木材として利用できるほどの大きな木に成長するには長い時間がかかり、枝打ちな...

7月に「三河赤引糸」を伊勢神宮へ奉納 新城の養蚕農家・滝本さん

 新城市出沢の養蚕農家滝本雅章さん(72)が、繭を出荷した。絹糸にし「三河赤引糸」として7月4日に伊勢神宮に奉納する。  奥三河地方では約1300年前から蚕を育て、絹糸を伊勢神宮に奉納していた...

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク