全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

曇天の夏至 鮮やか原生花園 浦幌

鮮やかな黄色い花を付けるセンダイハギ

 21日は二十四節気の「夏至」。1年で最も昼間の時間が長い日だが、同日の十勝地方はどんよりとした天気が広がり、肌寒さを感じさせる1日となった。帯広測候所によると、管内で同日正午までの最高気温が最も高かったのは池田と本別の17.9度。帯広は17.4度で、正午現在、帯広の同日の最高気温の平年値(21.5度)を下回っている。

 曇り模様となった浦幌町では、豊北原生花園のセンダイハギが鮮やかな黄色い花を付け、潮風に揺れていた。センダイハギは海岸に近い砂地では時に大群落を形成するマメ科の花。同花園ではハマナスなども咲き始め、初夏の訪れを知らせていた。

 海上保安庁によると、帯広の21日の日の出は午前3時48分、日の入りは午後7時10分。同日夕方には太陽が月に隠れて欠けて見える「部分日食」が起きる。帯広では午後4時14分から欠け始め、同5時1分に最大となり、同5時44分に終わるが、太陽は雲に隠れており観測は難しいという。

関連記事

ネオワイズ彗星を初撮影 石垣島天文台 堀内研究員が雲間から捉える

 石垣島天文台は7日、ネオワイズ彗星(すいせい)の撮影に成功した。同彗星は2020年3月27日、NASAの赤外線天文衛星NEOWISE(ネオワイズ)によって発見された彗星。7月頃、明け方の空で明るく...

長野日報社

学習就労支援を開始 駒ケ根市がIBMのプログラム活用

 駒ケ根市は7日、日本アイ・ビー・エム(IBM)が提供する社会貢献プログラム「SkillsBuild(スキルズビルド)」を活用した学習就労支援を始めた。市内に開設している駒ケ根テレワークオフィ...

荘内日報社

来年2月1-2日「王祇祭」史上初の中止

 鶴岡市黒川地区に長く伝わる黒川能(国指定重要無形民俗文化財)の「王祇祭」が来年中止されることが明らかになった。6日、春日神社の難波玉記宮司(77)から能役者をはじめ関係各所に通知された。毎年2月1~2...

群島在住者は観覧料100円 奄美パーク、島々の自然文化知る機会に 奄美市..

 鹿児島県奄美市笠利町の県奄美パークは4日、奄美群島在住者限定で観覧料の減額を始めた。地元住民に改めて奄美の自然や民俗、芸術などの魅力に触れる機会を提供する。8月31日まで。  同施設は来年で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク