全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

鹿児島国体、史上初の延期 開催時期は他県と調整

会見後に記者団の取材に応じる三反園訓知事=19日、鹿児島市の県庁

 今年10月に鹿児島県で開催予定だった第75回国民体育大会(鹿児島国体)と第20回全国障害者スポーツ大会について、県と日本スポーツ協会、スポーツ庁、日本障がい者スポーツ協会は19日、延期すると正式決定した。国体の延期は史上初。新たな時期は今後調整する方針で、来年以降の開催を目指す。2021~24年は三重、栃木、佐賀、滋賀の4県での開催が予定されており、主催4団体は関係各県と調整を進めながら早期の時期決定を目指す。

 伊藤雅俊日本スポーツ協会長、鈴木大地スポーツ庁長官、島原光憲日本障がい者スポーツ協会長が東京で記者会見して発表。鹿児島県の三反園訓知事も県庁からオンラインで参加した。

 延期の理由は▽新型コロナウイルス感染の第2波、第3波の懸念が拭えない中で、延べ約80万人の来場者が見込まれる両大会の安心・安全が担保できない▽各都道府県やブロック別の予選が開かれておらず、選手選考が困難▽選手の準備不足に伴う外傷・障害のリスク▽大会開催に伴う感染拡大の誘引防止―など。

 延期後の具体的な日程について、伊藤会長らは可能な限り早期の開催を目指す考えを示すとともに、「今年と同じタイミングで考えている」と説明し、秋開催の方針を示した。

 三反園知事は開催県の立場から「できるだけ早く開催できるよう協力していきたい。今後の開催県にご迷惑を掛けることになるが、ご協力をお願い申し上げたい」と述べ、延期での開催を重ねて要望。一方で、来年以降の開催県は予定通りの開催を要望しており、鈴木長官は「関係する県が合意できる案を探りたい」と話した。

 会見終了後に記者団の取材に応じた三反園知事は「アスリートや競技団体の皆さんにとっても残念なこと。今後の開催県である4県の知事にも直接電話してお願いをしてきた。中止ということではないので、鹿児島での早期開催に向けて引き続き全力で取り組む」と強調した。

関連記事

アコウの実、鈴なり 淡い紅色も愛らしく、人々癒やす  奄美市名瀬朝戸

 鹿児島県奄美市名瀬朝戸の大川沿いで、アコウの実が鈴なりになっている。落葉した枝や幹に、淡い紅色の愛らしい実がたくさん付き、通る人の目を楽しませている。  アコウはクワ科の常緑高木。幹から気根...

長野日報社

オオムラサキ羽ばたく 茅野市の小泉山で20匹放蝶

 茅野市の小泉山体験の森創造委員会(柳沢孝夫委員長)は11日、同会で飼育・保護活動に取り組む国蝶「オオムラサキ」の放蝶会を同市上古田にある保護施設で行った。会員約20人が参加。同施設で大切に育て...

「夏の味覚お届けします」 マンゴー収穫がピーク

 夏の味覚八重山産マンゴーの収穫がピークを迎えている。ことしは例年に比べて豊作の傾向。生産農家は旬の味を消費者に届けようと収穫・出荷作業に汗を流している。  このうち、かわみつ農園(川満哲生...

38年間の植物研究

瀧崎さんが「~東三河~野の花たちの歳時記」出版  豊橋市立東部中学校教諭、瀧崎吉伸さん(61)が、38年余にわたる植物研究の成果を分かりやすくまとめた「~東三河~野の花たちの歳時記(ダイアリー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク