全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新たなワイン城食や歴史に酔う リニューアルオープン 池田

1階のショッピングエリアでワインやブランデーを手に取り、買い物を楽しむ来場者

 十勝の観光名所の一つ、池田町のワイン城が15年ぶりに改修され、20日にリニューアルオープンした。

 ワイン城の改修は2005年以来。本体の耐震化や設備の長寿命化と併せて内装を一新した。1階ショッピングエリアの壁面には波打つようなアトラクションウオールを採用、十勝ワインなど約100種類の酒類と地域の物産約200種類を販売する。

 地下1階と地上2階の通路はミュージアムとし、12枚の大型パネルで十勝ワインの歴史を紹介。4階のレストランでは十勝ワインと地場の食材を使った料理を楽しめる。旭川市から来場した会社員の野村健太さん(29)、松田百佳さん(25)は「土産に十勝ワインを買って帰りたい」と話していた。

 開店前に関係者35人でオープニングセレモニーを実施。勝井勝丸町長は「十勝ワインの歴史を築き上げてきた先達者の思いを分かち合いながら、さらなる100年に向けて歩みを進めたい」と述べていた。

 営業時間は午前9時~午後5時。年末年始を除き無休。レストランは火曜定休、土曜のみディナータイム(午後5時~同8時)がある。問い合わせは、いけだワイン城(015・578・7850)へ。

関連記事

紀伊民報社

”パンダバス”で笑顔に 8月から白浜町内走る

 和歌山県白浜町堅田の明光バスは、町内にあるレジャー施設「アドベンチャーワールド」で暮らすジャイアントパンダ全7頭の写真をあしらったラッピングバスの運行を8月9日から始める。町内を走る路線バスと...

2年ぶり「豊橋祇園まつり」奉納手筒花火

 豊橋市関屋町の吉田神社で17日夜、夏本番を告げる「豊橋祇園祭」(奉賛会主催)があり、奉納手筒花火の神前放揚を2年ぶりに実施した。新型コロナウイルス禍のため、町内の氏子らのみに限定で公開した。 ...

荘内日報社

「生まれ変わりの旅」 即身仏巡る (庄内の寺院訪ね2泊3日ツアー) 白装束で..

 国内では現在、18体の即身仏が安置されており、そのうち6体はここ庄内地域に眠っている。即身仏が安置されている庄内の寺院などを白装束で巡り、民のため祈りささげ続ける、その精神文化に触れてもらうツアー「...

紀伊民報社

観光特急列車「銀河」運行始まる 

 京都―新宮駅間を走行するJR西日本の観光特急列車「WEST EXPRESS(ウエスト エクスプレス)銀河」の運行が16日、始まった。第1号となる列車が到着した和歌山県の新宮駅では、地元の有志や関...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク