全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ミヤマシジミ羽化に成功 NTN長野製作所が保護活動

NTN長野製作所敷地内の保護区で羽化したミヤマシジミの雄

環境省のレッドリストで絶滅危惧IB類に指定されているチョウのミヤマシジミの保護活動に取り組むベアリング製造のNTN長野製作所(箕輪町木下)は、同社敷地内に整備した保護区でミヤマシジミの羽化に成功した。今後は繁殖の安定化を図り、保護区を広げていく計画。将来的には地域に公開し、保護意識の向上にも役立てたい考えだ。

環境保全に取り組む同社は2019年5月に県と「生物多様性保全パートナーシップ協定」を締結。ミヤマシジミの保護活動を支援するため、上伊那地域の保護団体に県を通じて活動費用を寄付する。また、保護団体の指導を受けながら同社敷地内に保護区を整備。チョウの生息地を増やすための活動に取り組む。

保護区は160平方メートル。社員が昨年5月から幼虫の食草となるコマツナギや成虫の吸蜜植物を植栽した。9月中旬には伊那市の生息地から雌の成虫5匹を移し、産卵に成功。26個の卵を確認した。越冬卵は今年5月中旬からふ化し、6月2日に初羽化。観察は毎日しており、16日までに成虫11匹を確認した。

指導するミヤマシジミ研究会会長で信大名誉教授の中村寛志さんは「最初の越冬で羽化に成功したのは珍しい。社員の皆さんが熱心に取り組んだ成果が出た」と高評価。同社によると、コマツナギなどを枯らさないため社員が定期的に草取りに励んだといい、羽化が成功した際は皆で喜びを分かち合ったという。

同社は今後、保護区を地域に開放したい考え。石川俊夫所長は「工場の入り口付近に保護区を広げ、地域の子どもたちの環境教育などに役立てれば」と期待している。

関連記事

アコウの実、鈴なり 淡い紅色も愛らしく、人々癒やす  奄美市名瀬朝戸

 鹿児島県奄美市名瀬朝戸の大川沿いで、アコウの実が鈴なりになっている。落葉した枝や幹に、淡い紅色の愛らしい実がたくさん付き、通る人の目を楽しませている。  アコウはクワ科の常緑高木。幹から気根...

長野日報社

オオムラサキ羽ばたく 茅野市の小泉山で20匹放蝶

 茅野市の小泉山体験の森創造委員会(柳沢孝夫委員長)は11日、同会で飼育・保護活動に取り組む国蝶「オオムラサキ」の放蝶会を同市上古田にある保護施設で行った。会員約20人が参加。同施設で大切に育て...

「夏の味覚お届けします」 マンゴー収穫がピーク

 夏の味覚八重山産マンゴーの収穫がピークを迎えている。ことしは例年に比べて豊作の傾向。生産農家は旬の味を消費者に届けようと収穫・出荷作業に汗を流している。  このうち、かわみつ農園(川満哲生...

38年間の植物研究

瀧崎さんが「~東三河~野の花たちの歳時記」出版  豊橋市立東部中学校教諭、瀧崎吉伸さん(61)が、38年余にわたる植物研究の成果を分かりやすくまとめた「~東三河~野の花たちの歳時記(ダイアリー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク