全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

新潟・庄内DCきっかけに 観光戦略を協議

新潟・庄内DCをきっかけにした観光戦略について協議した鶴岡市観光連盟事業企画委員会の会合

 鶴岡市観光連盟(早坂剛会長)の事業企画委員会(委員長・阿部公和亀や社長)が22日、鶴岡市の荘内神社参集殿で開かれた。静岡県・熱海温泉の活性化プロジェクトに携わり成果を挙げているJTB中部・地域交流推進課長の木村ともえさんを進行役に、2019年10―12月に本番を迎える新潟・庄内デスティネーションキャンペーン(DC)とその先を見通した観光振興への取り組み方策などを話し合った。

 同連盟は、今年のプレDC、来年の本番、20年のポストDCと続くJRグループの大型観光誘客事業を契機に、大手旅行代理店JTBの協力を得て観光マーケティングの手法を取り入れた観光振興戦略の構築を進めている。

 昨年10月に同委員会で議論をスタートし、これまでに鶴岡市内の観光地と宿泊施設などで観光客の実態調査を実施したほか、地元の関係者から提案素材として「庄内・鶴岡のいいもの」をテーマに▽暮らす▽食す▽装う▽巡る―の4項目についてアンケートを実施するなどしてきた。

 この日は第5回委員会で、市内の各温泉地や地域の観光協会の委員のほか、鶴岡商工会議所観光部会の役員らも加わり、約20人が出席。実態調査やアンケートを基に、地域観光の顔づくりとなるブランディングについて意見交換した。

 木村さんは「首都圏を戦略商圏の一つに位置付けることになったが、日帰り観光に比べて宿泊者の満足度が低いという調査結果が出ている。宿泊施設の問題ではなく、観光地の間に距離があり、足回りの利便性が影響しているようだ」など問題提起し、共通課題として▽トップコンテンツの出羽三山を中心とした庄内のリブランディング▽点と点を結ぶ周遊(どこへ行けばいいか)▽鶴岡の食と食文化を観光客に商品として提供―を提示した。

 誘客に向けた切り口とする「食」については、「観光地と食、食文化をどう結び付けるか」「どこで鶴岡の食を楽しむことができるか具体的な情報の発信が必要」「隣県からマイカーで来る観光客が多い。昼食と土産品でお金を使ってもらう工夫が必要」「鶴岡の食と食文化を案内できる人材が、各拠点に必要」などの発言があり、意見交換した。

 一方、DCに向けた周遊観光の誘客素材として、庄内地域の広域観光をテーマにして各観光地の特徴を絵柄にする「手ぬぐいスタンプ」の取り組みが提案され、次回以降の委員会で内容を詰めていくことにした。

関連記事

紀伊民報社

5日ぶりのにぎわい 台風一過の白良浜

 盆休み終盤の17日、台風一過で和歌山県白浜町の白良浜海水浴場は朝から、多くの海水浴客でにぎわった。台風接近により13~16日は遊泳禁止だったため、5日ぶりに真夏の光景に戻った。  白良浜ライ...

長野日報社

令和に咲く煌めきの華 諏訪湖祭湖上花火大会

第71回諏訪湖祭湖上花火大会(諏訪湖祭実行委員会主催)は15日夜、長野県諏訪市の諏訪湖で開いた。接近する台風10号の影響が心配されたが、ほとんど雨は降らず、水上スターマインやナイヤガラなど予定...

長野日報社

もりぞうポストに投函いかが 下諏訪の長崎さん

下諏訪町東高木の旧甲州街道沿いにある長崎正彦さん宅で、生け垣のヒバの木が成長し、近くに立つ郵便ポストを覆うようになった。枝木は顔に見立てて刈り込んでいて、「写真に映える」と道行く観光客や住民が...

盆入り 十勝「大入り」 行列はピーク

 盆の入りの13日、十勝管内の観光地や飲食店などは、夏休みを楽しむ人々や旅行に訪れた観光客らでにぎわいを見せた。13日夜に勝毎花火大会、14日から平原まつりが始まる帯広市内は、短い夏を楽しむ人々で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク