全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ミヤマシジミ守り育てる 伊那西小3年

岡村さんからミヤマシジミの生息環境について説明を受ける伊那西小児童

 伊那市伊那西小学校の3年生5人は18日、絶滅危惧種のチョウ「ミヤマシジミ」を守り育てる活動を始めた。学校近くの保護地で食草のコマツナギが植わる一角を整備し、美しい羽を広げて飛び交う姿を観察。保護に取り組む「伊那ミヤマシジミを守る会」代表の岡村裕さん(79)から8個の卵も譲り受けた。児童は小さな命を大切に育み、里山への放蝶を目指す。

 ミヤマシジミは体長3センチほど。羽の表は雄が美しい青色で、雌は茶褐色の特徴を持つ。授業の一環で、卵を教室でふ化させてから、学校敷地内の専用ケージに幼虫を移して羽化させ、希少な成虫を保護地に放つ計画だ。

 この日は岡村さんの案内で生息地を巡り、昨年度にチョウの学習に取り組んだ現4年生も加わった。子どもたちは羽の色や模様を見比べ、花の蜜を吸う様子を観察。「青い羽がきれい」と見入った。

 岡村さんはミヤマシジミの習性や育ち方を紹介。生息に適した環境づくりに向け、「クモの巣があると、産卵に来た雌が捕まってしまうので取り払って」と説明した。児童はうなずきながら草刈り鎌を手にし、食草近くに生えた植物やクモの糸を丁寧に取り除き、チョウのすみかをきれいにした。

 3年の網野そらさん(8)は食草に産み付けられた卵を目にし、「あんなに小さい卵から生まれてくる命はすごい。みんなで大事に守り育て、チョウでいっぱいの場所にしたい」。岡村さんは「命の尊さを学ぶとともに、自然環境保全に関心を持ってほしい」と願っていた。

 同会によると、市内の保護地17カ所で今年のミヤマシジミの発生状況は、春の降雨の影響で食草の芽吹きが遅く、例年よりも少ないという。

関連記事

紀伊民報社

返礼品に「一日駅長」 車内放送も体験 すさみ町

 和歌山県のすさみ町とJR西日本、日本旅行は14日、すさみ町のふるさと納税の返礼品として、町内にある周参見駅での「一日駅長体験」を共同企画したと発表した。3人限定で、寄付額は50万円と設定。「リ...

全国温泉サミットin虎杖浜 魅力発信 知名度向上へ 来月7日から 白老

白老町の虎杖浜温泉ホテル駐車場を会場に7月7日から3日間開催される「全国温泉サミットin虎杖浜温泉」(日本源泉かけ流し温泉協会主催)まで、1カ月を切った。同協会に加盟する温泉、浴場関係者が全国から...

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

荘内日報社

漁火照らす港でゆったり 酒田 能登被災者応援イベント

 今年元日の能登半島地震で被災した石川県内の漁業者支援を目的にしたチャリティーイベント「第1回酒田港漁火(いさりび)まつり」が14日夕、酒田市の酒田港東ふ頭交流施設「SAKATANTO(サカタント)」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク