全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

藤島小5年生田んぼの生き物調査 豊かな自然に触れる

 鶴岡市の藤島小学校(井上東一校長、児童312人)の5年生63人が17日、学校近くの実習田で「田んぼの生き物調査」を行い、素足で田んぼに入り、網などで泥の中にいる水生昆虫などを捕まえた。

 市内の有機米生産者らでつくる市有機農業推進協議会(志藤正一会長、事務局・市藤島庁舎エコタウン室)と連携し、15年ほど前から毎年この時期に実施している。地域に残る豊かな自然環境に触れ、持続可能で安全・安心な農産物生産などへの理解を深める狙い。

 子どもたちはこの日、先月に自分たちで苗を植えた実習田の減農薬栽培と慣行栽培の各区画で、表層から深さ10センチほどの土を取って調べる「土中」、20センチ×50センチの木枠で仕切った土の表面を調べる「コドラート」、横一列に並んで田の表面や水中の生き物を網ですくう「ラインセンサス」の3種の調査に取り組んだ。

 子どもたちは膝下まで泥だらけになって田んぼに入り、「捕まえた」など歓声を上げた。泥をトレーに広げて詳しく調べ、ポケット図鑑で生き物の種類を調べた。減農薬栽培の区画を中心に、カブトエビやヤゴ、ドジョウ、タニシ、アメンボ、カエルなど多くの生き物が見つかった。

 本間慶君(10)は「面白かった。こんなにたくさんの種類がいるとは思っていなかったので、びっくりした」と話した。

 井上校長によると、この種の学校行事は新型コロナウイルス対策で控えてきた。久しぶりの野外活動で子どもたちははしゃぎたがる一方で、体調に応じたマスクの着脱や3密回避の指導、熱中症対策の給水時間の確保など、例年にも増して入念な管理体制で臨んだ。

 同様の活動は24日、東栄小の5年生も学校近くのほ場で実施の予定。

田んぼで生き物を捕まえる藤島小の子どもたち

関連記事

ネーミングライツを検討 伊良部球場と新総合体育館 宮古島市

2021年9月に供用開始した市伊良部野球場と、新たに建設される市総合体育館について、宮古島市がネーミングライツの導入に向け準備を進めていることが18日、分かった。同日行われた開会中の市議会6月定例会一般質...

北羽新報社

二ツ井小児童が枝打ち体験 楽しみながら山の手入れ 能代市

 能代市二ツ井小(安井敦子校長)の3年生が18日、同市二ツ井町梅内の山林で枝打ちなど杉林の育成作業を体験した。児童たちは、木材として利用できるほどの大きな木に成長するには長い時間がかかり、枝打ちな...

7月に「三河赤引糸」を伊勢神宮へ奉納 新城の養蚕農家・滝本さん

 新城市出沢の養蚕農家滝本雅章さん(72)が、繭を出荷した。絹糸にし「三河赤引糸」として7月4日に伊勢神宮に奉納する。  奥三河地方では約1300年前から蚕を育て、絹糸を伊勢神宮に奉納していた...

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク