全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

藤島小5年生田んぼの生き物調査 豊かな自然に触れる

 鶴岡市の藤島小学校(井上東一校長、児童312人)の5年生63人が17日、学校近くの実習田で「田んぼの生き物調査」を行い、素足で田んぼに入り、網などで泥の中にいる水生昆虫などを捕まえた。

 市内の有機米生産者らでつくる市有機農業推進協議会(志藤正一会長、事務局・市藤島庁舎エコタウン室)と連携し、15年ほど前から毎年この時期に実施している。地域に残る豊かな自然環境に触れ、持続可能で安全・安心な農産物生産などへの理解を深める狙い。

 子どもたちはこの日、先月に自分たちで苗を植えた実習田の減農薬栽培と慣行栽培の各区画で、表層から深さ10センチほどの土を取って調べる「土中」、20センチ×50センチの木枠で仕切った土の表面を調べる「コドラート」、横一列に並んで田の表面や水中の生き物を網ですくう「ラインセンサス」の3種の調査に取り組んだ。

 子どもたちは膝下まで泥だらけになって田んぼに入り、「捕まえた」など歓声を上げた。泥をトレーに広げて詳しく調べ、ポケット図鑑で生き物の種類を調べた。減農薬栽培の区画を中心に、カブトエビやヤゴ、ドジョウ、タニシ、アメンボ、カエルなど多くの生き物が見つかった。

 本間慶君(10)は「面白かった。こんなにたくさんの種類がいるとは思っていなかったので、びっくりした」と話した。

 井上校長によると、この種の学校行事は新型コロナウイルス対策で控えてきた。久しぶりの野外活動で子どもたちははしゃぎたがる一方で、体調に応じたマスクの着脱や3密回避の指導、熱中症対策の給水時間の確保など、例年にも増して入念な管理体制で臨んだ。

 同様の活動は24日、東栄小の5年生も学校近くのほ場で実施の予定。

田んぼで生き物を捕まえる藤島小の子どもたち

関連記事

荘内日報社

「いじめのない学校づくり」発信!! 三川・東郷小運営委員会 オリジナル演劇..

 三川町の東郷小学校(海藤陽子校長、児童122人)の児童が、いじめ問題に取り組んでいる。6年生の運営委員が中心となり、オリジナルの「いじめ演劇」を作って全校児童を前に発表。劇を見た感想を求めるなどして...

紀伊民報社

駐日トルコ大使が初来県 就任後初の公式訪問

 トルコのコルクット・ギュンゲン駐日大使(53)が20日、就任後初の公式訪問で来県した。県立博物館(和歌山県和歌山市)で、約130年前に串本町の樫野崎沖で沈没したトルコ軍艦エルトゥールル号によっ...

池田のお店動画 注目道内一 裏メニュー紹介や店内突撃

 池田町商工会(平井昌行会長)が動画共有サイトYouTube(ユーチューブ)https://wwwyoutubecom/channel/UCTcTkRYf6sKkLzeuAqUVcuwの公式チャンネルを活用し、町内事業者を紹介する動画を配信している。...

宇部日報社

大寒に合わせ山陽小野田市の妙徳寺で寒行

 一年で最も寒さが厳しいとされる二十四節気の一つ「大寒」の20日に合わせて、山陽小野田市野中にある妙徳寺(荒川英良住職)で寒行と祈願回りが始まった。29日までの毎晩、檀家(だんか)の人たちが市内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク