全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

東京で「牧草ロール」 新作を発表 満寿屋商店

新商品をPRする(左から)村上社長と杉山社長

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)は18日午前、新商品のクロワッサン「牧草ロール」を発表した。25日にオープンする東京都内の自由が丘・東急フードショースライス店のみで販売する。十勝のイメージを前面に押し出した新商品で、満寿屋ブランドの新たなファンづくりを目指す。

 新商品は、新店の構想が持ち上がった昨年12月ごろから試作を続けてきた。満寿屋がこだわる十勝産小麦使用に加え、あすなろファーミング(清水町、村上勇治社長)の十勝産脱脂乳を使い、サクサクとした食感とこくのある味わいのクロワッサンに仕上げた。

 味はオリゴ糖やハスカップチョコなど5種類(各245円~)のほか4個入りのプレーン(600円)を販売する。新店限定で販売し、好評の場合、東京本店や十勝の店舗での販売も検討している。

 杉山社長は「コロナの中でも農作物はすくすく育っている。自由が丘はスイーツが昔から強い土地でもあり、(新店では)十勝農業の力強さをアピールしたい」と語った。

 村上社長は「満寿屋商店とは長い付き合いがあった。動物に優しい自社の取り組みを、多くの方に知ってもらう機会にもなる」と述べた。

関連記事

長野日報社

南箕輪村特産米 飲食店で”村産村消” 「金芽米の日」開始 長野県

長野県南箕輪村で14日、村特産の特別栽培米「風の村米だより」を飲食店で提供する「金芽米の日」が始まった。毎月第2、4金曜日を「金芽米の日」として消費拡大と認知度向上を図る取り組みで、村内の飲食...

長野日報社

地元産原料の麦焼酎、来春発売へ製品化 長野県飯島町の「水緑里七久保」

 多品目で農業生産を手掛ける長野県飯島町七久保の「水緑里七久保」は、自社栽培の六条大麦を原料にした麦焼酎の製品化事業に着手した。喜久水酒造(飯田市)に醸造を委託し、来春に発売する。同社創立20周...

貴重な白「ひろがる」12日発売 めむろワイナリー

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(中美生、尾藤光一代表)は12日から2023年ビンテージの白ワイン「ひろがる」(1本375ミリリットル、3300円)を84本限定で販売する。尾原基記醸造...

消費者へ“ツナグ”チーズ 芽室・大友牧場「ミルク感味わって」

 芽室町関山の大友牧場(大友詠吉代表)が、同牧場で搾った生乳を使いオリジナルのチーズ「ツナグ」を開発した。製造は新得町のチーズ工房「広内エゾリスの谷チーズ社」(寺尾智也代表)に委託した。大友代表は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク