全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

野付半島豊かさ実感【標津】

 

鈴木教諭からアマモについての説明を受ける生徒たち

 標津高校(森田泰史校長)は17日、野付半島で、1年生対象の野付半島巡検を行った。生徒らは、海の重要性や多様な生態系について理解を深めた。2020年度海洋教育パイオニアスクールの一環。

 同スクールは学校教育現場に海洋教育を推進しようとする全国的な取り組み。日本財団と東京大学海洋アライアンス海洋教育促進センター、笹川平和財団海洋政策研究所の3団体が企画している。毎年、計画を団体に送付。採択された学校が補助金を受ける仕組みとなっており、同校は昨年度に続いて同スクールに連続で選ばれている。

 この日は1年生31人が参加。野付半島先端番屋から約50分かけて先端部まで自然観察しながら移動。同校の鈴木祐二教諭から、野付半島にとって重要なアマモの説明を受けた後、同番屋まで漂着物を集めながら引き返した。

 野付半島の自然に触れた近藤洸希さん(15)は「先端部まで歩くのが結構かかったが、おもちゃの車などいろんな漂着物があった。両岸から見える海がまったく違っていて面白かった」と話した。鈴木教諭は「近いところに豊かな自然があり、海によって生活が支えられていることを感じてほしい」と語った。        

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=...

海外の高校生と討論・交流 ディベート世界大会に初出場 大島高校英語部

 鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校英語部(脇本由里香顧問、部員18人)の2年生3人は21~22日、オンラインで開催された「第7回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会」に出場した。1...

長野日報社

「わらいずみ」注文続々 長野県飯島町の南信州米俵保存会に

 大相撲の土俵をはじめわら細工を幅広く手掛ける長野県飯島町の南信州米俵保存会に、ミシュランに掲載される東京のすし店などから特別注文が相次いでいる。特注品は本来炊いた飯を保温するために使うかご「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク