全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

キクイモで地域おこし

収穫されたキクイモ(左)とチップにした商品

 和歌山県印南町の真妻地域で、キクイモの収穫がピークを迎えている。昨秋の台風の影響で収量減が予想されているが、地域では特産化を目指して栽培に取り組んでおり、乾燥させてチップにした商品も地元の店で販売するなど力を入れている。

 栽培は2015年から始めた。地元の有志が生産者組合(前田憲男代表、8人)をつくり、休耕田を活用して生産から加工、販売に取り組んでいる。計約40アールで栽培している。  キクイモはキク科の多年草。地中にできた塊を収穫する。でんぷんはほとんどないが、多糖類のイヌリンや植物繊維が含まれており、スライスしてサラダにしたり天ぷらにしたりして食べる。  春に種芋を植え、秋には黄色い花をつける。収穫時期は11月から2月にかけて。同地域では、初年度から約3トンの収穫量があったが、本年度産は昨年の台風で伸びた茎が倒れる被害があり、約2トンにとどまる見込み。  キクイモや、薄く切って乾燥させたチップは、同町上洞区と川又区で地域おこしに取り組んでいる団体「奥真妻活々(いきいき)倶楽部」が運営している商店で売っている。  同倶楽部は、地元にあった個人商店が店じまいしたことをきっかけに、買い物対策や地域づくりを目指して日常品などを売る店を始めた。  店内では収穫したキクイモを1キロ250円、チップは1袋(50グラム入り)を400円で並べている。地元の農産物とともに店の主力商品の一つになっているという。キクイモの購入には事前の連絡が必要。月曜定休。問い合わせは同店(0738・46・0678)へ。

関連記事

長野日報社

山間地の救助活動 諏訪広域消防本部が訓練

諏訪広域消防本部特別救助隊は17~19日、山間地での救助活動訓練を岡谷市郊外の鳥居平やまびこ公園で行っている。昨年、県内で発生した山岳遭難は297件で全国最多だったことから、山岳地帯での事故に...

豊川もりあげ隊が明石で田植え

 豊川市のNPO法人「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」はこのほど、11月23、24両日にご当地グルメによるまちおこしの祭典「B-1グランプリin明石」が開催される兵庫県明石市で田植えを行った。米は...

紀伊民報社

300人がタイム競う 田辺で遠泳大会

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で16日、遠泳大会「第6回南紀田辺・扇ケ浜オープンウオータースイミング」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)があった。約300人が参加した。  しかし、高波の影響...

荘内日報社

DC本番 オール山形でおもてなし

 新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)推進協議会県推進部会(部会長・皆川治鶴岡市長)の本年度総会が17日、鶴岡市のグランドエル・サンで開かれた。昨年度に展開したJR東日本大型観光...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク