全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

キクイモで地域おこし

収穫されたキクイモ(左)とチップにした商品

 和歌山県印南町の真妻地域で、キクイモの収穫がピークを迎えている。昨秋の台風の影響で収量減が予想されているが、地域では特産化を目指して栽培に取り組んでおり、乾燥させてチップにした商品も地元の店で販売するなど力を入れている。

 栽培は2015年から始めた。地元の有志が生産者組合(前田憲男代表、8人)をつくり、休耕田を活用して生産から加工、販売に取り組んでいる。計約40アールで栽培している。  キクイモはキク科の多年草。地中にできた塊を収穫する。でんぷんはほとんどないが、多糖類のイヌリンや植物繊維が含まれており、スライスしてサラダにしたり天ぷらにしたりして食べる。  春に種芋を植え、秋には黄色い花をつける。収穫時期は11月から2月にかけて。同地域では、初年度から約3トンの収穫量があったが、本年度産は昨年の台風で伸びた茎が倒れる被害があり、約2トンにとどまる見込み。  キクイモや、薄く切って乾燥させたチップは、同町上洞区と川又区で地域おこしに取り組んでいる団体「奥真妻活々(いきいき)倶楽部」が運営している商店で売っている。  同倶楽部は、地元にあった個人商店が店じまいしたことをきっかけに、買い物対策や地域づくりを目指して日常品などを売る店を始めた。  店内では収穫したキクイモを1キロ250円、チップは1袋(50グラム入り)を400円で並べている。地元の農産物とともに店の主力商品の一つになっているという。キクイモの購入には事前の連絡が必要。月曜定休。問い合わせは同店(0738・46・0678)へ。

関連記事

長野日報社

夏休みの思い出を新聞に 長野日報社で親子体験

 長野日報社は17日、小学生と保護者を対象にした「夏休み思い出写真新聞づくり」を諏訪市高島3の本社で開いた。諏訪地方から8組の親子が参加。家族で訪れた海水浴や旅行の写真を持ち寄り、A3判の“オリ...

視覚障がい者自立支援協会「ビギン」10周年

 今年、設立10周年を迎えた、東三河視覚障がい者自立支援協会「ビギン」(服部めぐみ代表)は10月20日午後1時から3時半まで、豊橋市総合福祉センター「あいトピア」を会場に、「ビギン10周年記念式典」を開催す...

荘内日報社

地元役者 迫真の演技に拍手

 鶴岡市温海地域の戸沢地区に伝承されている「戸沢花胡蝶歌舞伎」の公演が16日、地元の戸沢自治公民館で行われた。地元住民ほか市内の児童館に通う小学生も観劇に訪れ、約70人の観客が地元役者の2時間にも及ぶ熱...

紀伊民報社

5日ぶりのにぎわい 台風一過の白良浜

 盆休み終盤の17日、台風一過で和歌山県白浜町の白良浜海水浴場は朝から、多くの海水浴客でにぎわった。台風接近により13~16日は遊泳禁止だったため、5日ぶりに真夏の光景に戻った。  白良浜ライ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク