全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

キクイモで地域おこし

収穫されたキクイモ(左)とチップにした商品

 和歌山県印南町の真妻地域で、キクイモの収穫がピークを迎えている。昨秋の台風の影響で収量減が予想されているが、地域では特産化を目指して栽培に取り組んでおり、乾燥させてチップにした商品も地元の店で販売するなど力を入れている。

 栽培は2015年から始めた。地元の有志が生産者組合(前田憲男代表、8人)をつくり、休耕田を活用して生産から加工、販売に取り組んでいる。計約40アールで栽培している。  キクイモはキク科の多年草。地中にできた塊を収穫する。でんぷんはほとんどないが、多糖類のイヌリンや植物繊維が含まれており、スライスしてサラダにしたり天ぷらにしたりして食べる。  春に種芋を植え、秋には黄色い花をつける。収穫時期は11月から2月にかけて。同地域では、初年度から約3トンの収穫量があったが、本年度産は昨年の台風で伸びた茎が倒れる被害があり、約2トンにとどまる見込み。  キクイモや、薄く切って乾燥させたチップは、同町上洞区と川又区で地域おこしに取り組んでいる団体「奥真妻活々(いきいき)倶楽部」が運営している商店で売っている。  同倶楽部は、地元にあった個人商店が店じまいしたことをきっかけに、買い物対策や地域づくりを目指して日常品などを売る店を始めた。  店内では収穫したキクイモを1キロ250円、チップは1袋(50グラム入り)を400円で並べている。地元の農産物とともに店の主力商品の一つになっているという。キクイモの購入には事前の連絡が必要。月曜定休。問い合わせは同店(0738・46・0678)へ。

関連記事

紀伊民報社

避難所でもコロナ感染防止策を

 和歌山県は、災害時の避難所の在り方について、新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた対応の流れ「避難所運営チャート」を示した。避難者ごとの間隔を確保したり、感染者が出れば適切に隔離したりする内容...

荘内日報社

庄内スマートテロワール活動推進― 庄農高生、ラーメン・パン店オーナーら収穫..

 庄内産の小麦が3日、鶴岡市羽黒地域の麦畑で刈り取られた。地産地消を目指す「庄内スマートテロワール」の活動を進める山形大農学部の呼び掛けに応じるように庄内農業高の教師・生徒、酒田のラーメン店、鶴岡の...

宇部日報社

常盤公園にハートの形の切り口のヤマザクラ

 宇部市の常盤公園「あじさい苑」に、ハート形の枝の切り口が潜んでいる。見つけた来場者からは「恋がかなうかも」「幸せになれるかも」と評判になっている。    約160センチの高さにあり、切り口は縦...

水素充填車 公開 動物園にも配達 鹿追実証事業

 鹿追町を拠点に行われている水素普及に向けた実証事業で、今年度導入する「簡易型水素充填(じゅうてん)車」が3日、町環境保全センターで公開された。9月から運用開始し、燃料電池(FC)フォークリフトや...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク