全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

おむすびコンテスト優秀3作品 朝市で試験販売

おむすびコンテスト優秀賞3作品のレシピ

 和歌山県田辺市の産品を使ったおむすびのレシピを競う「おむすびコンテスト」の優秀賞3作品が決まった。21日に田辺市東陽の闘雞神社で開催される朝市「弁慶市」で試験販売し、購入者のアンケートで最優秀賞を決める。最優秀作品は8月にJR紀伊田辺駅前にオープンする市街地活性化施設で販売する。

 市街地活性化施設「tanabe en+(たなべ えんぷらす)」では、地元産品を通じ、地域の文化や歴史を発信するカフェを設ける。コンテストは特産の梅をはじめ、いろいろな食材を組み合わせられるおむすびをカフェメニューの柱に据えようと、施設を運営する南紀みらい(田辺市湊)が企画した。
 応募は県内外から61点あった。味や見た目はもちろん、原価や作りやすさなどの観点から地域のシェフらが審査し、優秀賞3作品、佳作2作品を選んだ。
 優秀賞はみかんジュースで炊き上げたご飯に、しらすや梅干しを入れた「enむすびみかん」、ほうじ茶で炊いたご飯に梅干しやキュウリの漬物を刻んで混ぜた「茶がゆ気分」、同じくほうじ茶ご飯に大葉や白ごまを混ぜ、龍神シイタケの天ぷらを合わせた「龍神むすび」の3点。
 弁慶市での販売は午前9時~11時半。3種類のおむすびの詰め合わせを30セット販売する。1セット400円。購入者にアンケート用紙を配布し、投票してもらう。
 南紀みらいは「思った以上にレシピの応募があり、どれもおいしい。最優秀作品以外も季節のイベントなど期間限定で販売したい」と話している。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク