全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

足寄に迫力ティラノ 「哺乳類との違い見て」化石博物館模型展示

展示が始まったティラノサウルスの頭部復元模型と、製作した新村さん

 足寄動物化石博物館(安藤達郎館長)は、史上最大級とされる肉食恐竜・ティラノサウルスの頭部復元模型の展示を始めた。同館学芸員の新村龍也さん(40)が、インターネットで無料公開された3D(立体)データを基に製作した。新村さんは「恐竜と哺乳類の違いが見て分かり、楽しんでもらえるのでは」と話している。

 米スミソニアン博物館が、米国モンタナ州で発掘されたティラノサウルスの3Dデータを、昨年5月からネット上で教育用に無料公開している。これを知った新村さんが標本作りを模索した。

 頭部骨格のデータを分割し、それぞれの型を作って組み立てることとし、鋳造用模型などを製作する伸和機型(空知管内栗山町)に協力を依頼した。同社は、大型3D切削機で骨格を24パーツに分けて製作した。

 足寄動物化石博物館に1月に届いた発泡スチロール製の各パーツを、ボンドで接着し、樹脂でコーティング。約50本ある歯は、つるっとした独特の質感を出すため紙やすりで磨いて再現し、最後に本物の化石を模した塗装で完成させた。

 模型は10日から、化石発掘体験などで使う作業展示室内で公開している。

 新村さんは「3Dデータによる復元模型の展示は当館では初めてで、全国的にも数少ない。新型コロナウイルスで大変な時期だが、機会があれば見に来てほしい」としている。

関連記事

ネオワイズ彗星を初撮影 石垣島天文台 堀内研究員が雲間から捉える

 石垣島天文台は7日、ネオワイズ彗星(すいせい)の撮影に成功した。同彗星は2020年3月27日、NASAの赤外線天文衛星NEOWISE(ネオワイズ)によって発見された彗星。7月頃、明け方の空で明るく...

長野日報社

学習就労支援を開始 駒ケ根市がIBMのプログラム活用

 駒ケ根市は7日、日本アイ・ビー・エム(IBM)が提供する社会貢献プログラム「SkillsBuild(スキルズビルド)」を活用した学習就労支援を始めた。市内に開設している駒ケ根テレワークオフィ...

荘内日報社

来年2月1-2日「王祇祭」史上初の中止

 鶴岡市黒川地区に長く伝わる黒川能(国指定重要無形民俗文化財)の「王祇祭」が来年中止されることが明らかになった。6日、春日神社の難波玉記宮司(77)から能役者をはじめ関係各所に通知された。毎年2月1~2...

群島在住者は観覧料100円 奄美パーク、島々の自然文化知る機会に 奄美市..

 鹿児島県奄美市笠利町の県奄美パークは4日、奄美群島在住者限定で観覧料の減額を始めた。地元住民に改めて奄美の自然や民俗、芸術などの魅力に触れる機会を提供する。8月31日まで。  同施設は来年で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク