全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

宇部の女性がタケから化粧品を開発

竹炭ミネラルを主成分にした化粧品を発売した永茂さん(山口宇部空港で)

 宇部市在住の女性が、地域課題となっているタケを原料にした化粧品を開発し、16日から山口宇部空港2階の土産売り場で販売を始めた。南小串2丁目のミネラリスト代表、永茂昌伊(しょうい)さん。昨年11月に市が主催したビジネスプランコンテストで優秀賞に輝いたアイデア「竹害から地方創生へ」を具現化し「人も環境もきれいにする商品で、地域活性化につなげたい」と抱負を語る。    永茂さんは大阪市出身で、19年前に宇部に嫁いできた。2010年に宇部高専名誉教授の深川勝之さんと出会い、モウソウチクから抽出したミネラルの存在を知った。過疎化による放置竹林は土砂崩れの危険性を高め、里山の雑木林を侵食するなど問題となっている。タケを廃棄するのではなく、有効利用する思いに共感した。    手荒れがひどかった美容師の夫の肌トラブルが解消したこともあって効果を認識。13年に入浴剤とミストを製品化し、同空港に置いてもらったところ口コミでリピーターが増え、月に100本ペースで売れた。アトピー性皮膚炎の症状が軽くなったなどとして、関東圏から電話注文も入るようになった。    常連客にミネラル入りの化粧品を要望され、試行錯誤して5年がかりで四つのスキンケア商品を生み出した。名前はイタリア語で女の子を意味し、バンブー(竹)に音の響きも似ている「バンビーナ」。パッケージは、商品をかぐや姫に見立てるデザインにした。化粧水、保湿ミルク、メーク落とし、洗顔フォームがあり、値段は3000~4500円。保湿効果や抗菌作用が期待できる。    当初は3、4月の発売を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期。自粛解除による運航再開で山口宇部空港が1日5往復便まで増えたこの日、原点の同空港に新製品を並べた。「宇部の竹炭から抽出したミネラル成分で、トラブル肌と里山の未来を救って」と永茂さん。インターネット販売に加え、今後は長門市のセンザキッチン、美祢市の道の駅おふくでも扱う。

関連記事

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

宇部日報社

全国学校給食週間、小学校で昭和30年代のメニュー

 宇部市内の全公立小・中学校36校は、食べ物の大切さや、給食が多くの人に支えられていることを考えてもらう機会にしようと、24日から28日までの全国学校給食週間に合わせて特別メニューなどを展開して...

みずみずしい純白の花  珍種シロバナヒカンザクラ咲く 奄美市

 鹿児島県奄美市名瀬大熊の県道81号沿いで珍種のシロバナヒカンザクラが開花し、みずみずしい純白の花が通行人の目を和ませている。  満開を迎えているのは県道沿い3カ所の合計5本。辺りでは濃いピン...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク