全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

菅原監督体制2年目船出 王子イーグルス始動-アイスホッケー

トレーニングの基礎データを確かめるため、体力測定を行う選手たち=15日午前、王子製紙室内練習場

 アイスホッケー・アジアリーグの王子イーグルスが15日、苫小牧市表町の王子製紙室内練習場で全体練習を開始した。新型コロナウイルスによるリーグ開始時期がいまだ不透明の中、所属する日本人選手23人が2班に分かれて体力測定を実施。握手やハイタッチの禁止、徹底した会場換気、社会的距離の維持など事前に作成した感染症対応ガイドライン(指針)にのっとりながら、菅原宣宏監督体制2年目が船出した。

 かつてない社会の状況という現実がある。「新型コロナ下で不安はあると思うが、目の前のトレーニングに集中していこう」と菅原監督が所信を伝えてスタートした。選手がジャンプ力、バランス感覚、持久力などを見る4種類の体力測定メニューをこなした。DFの山下敬史主将は「測定値が去年より上がっている選手もいた。久々にみんなの顔が見られて、楽しくこなすことはできた」。笑顔でメンバーの思いを代弁した。

 各種トップリーグチームの中でも、疾病まん延下のスポーツ活動にいち早く対処せざるを得なかった。2月下旬時点で、日本よりも早く新型コロナ流行が見られた韓国で2019~20アジアリーグのプレーオフセミファイナルでアニャンハルラと戦った際、「選手・スタッフがマスク着用、手洗い、身の回りの消毒作業を徹底し、第3戦では初の無観客試合も経験した」(菅原監督)。対策の重要性を全員で体感しただけに「帰国後のオフ期間は室内練習場の利用を5人ほどの小グループに分け、時間別に行動するルールを作った」と言う。

 全体再始動に向けてはサッカーJリーグ、NPB日本野球機構など各種競技団体の動向や日本アイスホッケー連盟の指針を参考にしながら、今月はじめに独自のガイドラインを作成。起床後の体温測定や問診、行動記録管理などを欠かさず行うほか、合宿所、室内練習場、スケートリンクの各会場使用時の注意点も細かく示す。菅原監督は「選手たちには『ニューノーマル』、新しい普通をつくっていこうと呼び掛けている」と話す。「若い選手も多いので心の面でケアしていく必要はあるが、今できる準備をいつも通りやっていくだけ」と割り切っている。

 昨季の全日本選手権3位、アジアリーグセミファイナル敗退を踏まえ、栄冠奪回に始動こそしたが、同リーグの今季開催は見通しがいまだ立たない。山下主将は「去年よりもいいチームになる手応えはある。早くリンクでファンとお会いしたい」。戦いのシーズン到来へメンバーそれぞれが鍛えていく。

関連記事

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

食やスポーツ 事業展開 「アスリートファーム」設立 MTB・山本選手

 自転車マウンテンバイクで来夏の東京五輪日本代表が決まっている幕別町出身の山本幸平選手(34)=ドリームシーカーレーシングチーム-国際自然環境アウトドア専門学校、帯農高出=は、自らが個人事業主を務...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク