全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

バラエキスでアロマ商品開発 高遠高校2年生

しんわの丘ローズガーデンでバラの花摘み作業をする高遠高校の生徒たち

高遠高校(長野県伊那市)文理進学コースの2年生で、選択授業「地域の科学」を受ける16人は今年度、「しんわの丘ローズガーデン」(同市高遠町)のバラの花の蒸留エキスを使い、ローズアロマ液の商品開発に授業の一環で取り組む。生徒は15日、同園で試作用のバラの花摘みを行った。

同校では同授業を選択する3年生が2年次、高遠町に自生する香木クロモジとタカトオコヒガンザクラのエキスを配合した香り商品を開発。2年生は先輩からノウハウを引き継ぎ、バラの花でアロマ液を作製する。担当の清水敏教諭によると、秋に咲く品種で商品を作り、来年初夏の「バラ祭り」に合わせて完成品を発表したい考え。

この日は、同園を管理する市振興公社職員がバラに関する知識や摘み方を指導。「バラは梅雨のない地域で開発された花。実は日本に適していない」「つぼみや咲き初めは残し、満開を過ぎた花や雨で汚くなってしまった花を摘んで」と教えた。

生徒は、香りが強く、木立性の大輪花「フレデリック・ミストラル」を約15キロ摘んだ。同品種は市が商品開発を進めるビール用に無農薬で育てていたため害虫が多く、生徒は葉にくっついている毛虫に悪戦苦闘。悲鳴を上げつつも楽しげに作業を続け、手元のビニール袋をいっぱいにした。

小池詩さん(17)、中島麗奈さん(16)、青木彩桜さん(16)は「摘んだバラがどのようにアロマに変わるか、とても楽しみ」「万人受けする香りにしたいな」と話した。

作業では、花の色が濃く、微香で半つる性の「春風」も約8キロ摘んだ。同校生徒会が回収した不用マスクの染色に使う予定。

関連記事

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

食やスポーツ 事業展開 「アスリートファーム」設立 MTB・山本選手

 自転車マウンテンバイクで来夏の東京五輪日本代表が決まっている幕別町出身の山本幸平選手(34)=ドリームシーカーレーシングチーム-国際自然環境アウトドア専門学校、帯農高出=は、自らが個人事業主を務...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク