全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

山口宇部空港の定期便利用者が2500万人に

達成記念ゲートの前で記念写真に収まる関係者(山口宇部空港で)

 山口宇部空港の定期便利用者が23日、1966年の開港以来の累計で2500万人を突破した。達成記念セレモニーは同日、同空港であり、関係者、搭乗客らが見守る中、節目となった乗客への記念品贈呈、記念ゲートの序幕などで祝い、未来へ向けて飛躍することを誓い合った。

 2500万人目となったのは佐藤容子さん(52)=宇部市中央町=。東京に住む家族に会うため、午後1時発のANA696便に搭乗。国内線ターミナルビル2階で行われたセレモニーには、県、空港関係者、県PR本部長のちょるる、県観光フレンズ、宇部観光ふれあい大使などが出席。県観光スポーツ文化部の小玉典彦部長は「空の玄関口として52年間発展してきた。今後も県民の皆さんのみならず、国内外の皆さんに愛される空港に発展させていきたい」とあいさつ。達成記念ゲートを除幕すると、会場から大きな拍手が送られた。この日は、東京行きのANA696便、JAL294便、スターフライヤー(SFJ)14便の搭乗者全員にも、各社が記念品のクリアファイル、ボールペンなどを贈呈する。

 同空港は66年7月1日に県営宇部空港として開港。当初は東京、大阪便とも1日1往復だったが、次第に増便し、2018年1月現在は航空3社によるトリプルトラックで10往復が実現。県民の空の玄関として、利用者に快適な空の旅を提供し続けている。

関連記事

長野日報社

山間地の救助活動 諏訪広域消防本部が訓練

諏訪広域消防本部特別救助隊は17~19日、山間地での救助活動訓練を岡谷市郊外の鳥居平やまびこ公園で行っている。昨年、県内で発生した山岳遭難は297件で全国最多だったことから、山岳地帯での事故に...

豊川もりあげ隊が明石で田植え

 豊川市のNPO法人「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」はこのほど、11月23、24両日にご当地グルメによるまちおこしの祭典「B-1グランプリin明石」が開催される兵庫県明石市で田植えを行った。米は...

紀伊民報社

300人がタイム競う 田辺で遠泳大会

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で16日、遠泳大会「第6回南紀田辺・扇ケ浜オープンウオータースイミング」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)があった。約300人が参加した。  しかし、高波の影響...

荘内日報社

DC本番 オール山形でおもてなし

 新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)推進協議会県推進部会(部会長・皆川治鶴岡市長)の本年度総会が17日、鶴岡市のグランドエル・サンで開かれた。昨年度に展開したJR東日本大型観光...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク