全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

山口宇部空港の定期便利用者が2500万人に

達成記念ゲートの前で記念写真に収まる関係者(山口宇部空港で)

 山口宇部空港の定期便利用者が23日、1966年の開港以来の累計で2500万人を突破した。達成記念セレモニーは同日、同空港であり、関係者、搭乗客らが見守る中、節目となった乗客への記念品贈呈、記念ゲートの序幕などで祝い、未来へ向けて飛躍することを誓い合った。

 2500万人目となったのは佐藤容子さん(52)=宇部市中央町=。東京に住む家族に会うため、午後1時発のANA696便に搭乗。国内線ターミナルビル2階で行われたセレモニーには、県、空港関係者、県PR本部長のちょるる、県観光フレンズ、宇部観光ふれあい大使などが出席。県観光スポーツ文化部の小玉典彦部長は「空の玄関口として52年間発展してきた。今後も県民の皆さんのみならず、国内外の皆さんに愛される空港に発展させていきたい」とあいさつ。達成記念ゲートを除幕すると、会場から大きな拍手が送られた。この日は、東京行きのANA696便、JAL294便、スターフライヤー(SFJ)14便の搭乗者全員にも、各社が記念品のクリアファイル、ボールペンなどを贈呈する。

 同空港は66年7月1日に県営宇部空港として開港。当初は東京、大阪便とも1日1往復だったが、次第に増便し、2018年1月現在は航空3社によるトリプルトラックで10往復が実現。県民の空の玄関として、利用者に快適な空の旅を提供し続けている。

関連記事

紀伊民報社

避難所でもコロナ感染防止策を

 和歌山県は、災害時の避難所の在り方について、新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた対応の流れ「避難所運営チャート」を示した。避難者ごとの間隔を確保したり、感染者が出れば適切に隔離したりする内容...

荘内日報社

庄内スマートテロワール活動推進― 庄農高生、ラーメン・パン店オーナーら収穫..

 庄内産の小麦が3日、鶴岡市羽黒地域の麦畑で刈り取られた。地産地消を目指す「庄内スマートテロワール」の活動を進める山形大農学部の呼び掛けに応じるように庄内農業高の教師・生徒、酒田のラーメン店、鶴岡の...

宇部日報社

常盤公園にハートの形の切り口のヤマザクラ

 宇部市の常盤公園「あじさい苑」に、ハート形の枝の切り口が潜んでいる。見つけた来場者からは「恋がかなうかも」「幸せになれるかも」と評判になっている。    約160センチの高さにあり、切り口は縦...

水素充填車 公開 動物園にも配達 鹿追実証事業

 鹿追町を拠点に行われている水素普及に向けた実証事業で、今年度導入する「簡易型水素充填(じゅうてん)車」が3日、町環境保全センターで公開された。9月から運用開始し、燃料電池(FC)フォークリフトや...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク