全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

双子のヤギの赤ちゃん誕生 八ケ岳中央農業実践大学校

八ケ岳中央農業実践大学校で生まれたヤギの双子の赤ちゃん

八ケ岳中央農業実践大学校(長野県原村)内の「動物ふれあい広場」で、ヤギの双子の赤ちゃんが誕生した。どちらも雌で、母ヤギの乳を飲んですくすくと成長している。ふれあい広場は見学自由で、「運が良ければ」赤ちゃんを間近で見ることができるという。

8日朝、同広場の飼育担当の増田光彦さん(46)が赤ちゃんが生まれているところを発見。2~3カ月は母ヤギの乳を飲み、だんだんと草を食べるようになるという。2匹は母親の後について、ぴょんぴょんと走り回ったり、小屋の壁の隅で重なるような姿勢で眠ったり。1匹は積極的、もう1匹は慎重な性格という。

増田さんは「5月末ごろには生まれると思っていたので少し遅れましたが、これで一安心。元気に育ってほしいですね」と笑顔を向けている。

関連記事

長野日報社

雄大な山並みと「涼」満喫 中ア駒ケ岳にぎわう

東京五輪開幕に合わせた4連休を迎え、県内外の登山者や家族連れらが中央アルプスの駒ケ岳(2956メートル)を訪れている。23日も、厳しい暑さが続く麓とは別天地の景観と涼を求めて登山道は大勢の人で...

紀伊民報社

”パンダバス”で笑顔に 8月から白浜町内走る

 和歌山県白浜町堅田の明光バスは、町内にあるレジャー施設「アドベンチャーワールド」で暮らすジャイアントパンダ全7頭の写真をあしらったラッピングバスの運行を8月9日から始める。町内を走る路線バスと...

2年ぶり「豊橋祇園まつり」奉納手筒花火

 豊橋市関屋町の吉田神社で17日夜、夏本番を告げる「豊橋祇園祭」(奉賛会主催)があり、奉納手筒花火の神前放揚を2年ぶりに実施した。新型コロナウイルス禍のため、町内の氏子らのみに限定で公開した。 ...

荘内日報社

「生まれ変わりの旅」 即身仏巡る (庄内の寺院訪ね2泊3日ツアー) 白装束で..

 国内では現在、18体の即身仏が安置されており、そのうち6体はここ庄内地域に眠っている。即身仏が安置されている庄内の寺院などを白装束で巡り、民のため祈りささげ続ける、その精神文化に触れてもらうツアー「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク