全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

芽室産原料で新ワイン 20日から販売

新作ワインを手にする尾藤代表(右)ら

 めむろワイナリー(尾藤光一代表)は12日、芽室産ブドウ100%使用の2019年産の新作ワイン「大地の序章」と「豊穣(ほうじょう)の序章」を発表した。大地の-は20日から数量限定で販売する。

 めむろワイナリーは、芽室産ブドウでのワイン醸造を目指すブドウの生産者団体「芽室ワインカウンティ」(吉田知浩代表)が設立した株式会社。昨年6月に初のワイン「INIZIO 2018」を発表した。

 今回は芽室町内の農家5軒が計2.7トンのブドウを収穫。池田町ブドウ・ブドウ酒研究所に醸造や瓶詰めを委託した。大地の-は「山幸」「清舞」を使用。酸味を抑え、締まりのある味に仕上がった。約1500本を製造した。一方、豊穣の-は「清見」「ツバイゲルトレーベ」を使い、軽く爽やかな口当たり。74本の製造で、イベントなどで振る舞われる予定。

 めむろワイナリーは現在、新嵐山スカイパークの土地の一部にワイナリーを建設中。尾藤代表は「ヨーロッパに劣らないワインが芽室でできることを近い将来、証明したい」と話す。

 大地の-は20日午前0時から、道内在住者限定で販売する。1本3500円(税別)で1人4本まで。申し込みは住所や名前、年齢、電話番号、ファクス番号、予約本数を記載したファクス(0155・62・8340)か、めむろワイナリーのフェイスブックで受け付けている。

関連記事

長野日報社

直売所の味を全国へ 八ケ岳農業実践大が通販サイトオープン

八ケ岳中央農業実践大学校(原村)で製造・販売されている加工品を専門に扱う通販サイトがオープンした。同校オリジナル商品のアイスクリームやヨーグルト、卵などをインターネット上で購入できる。新型コロ...

長野日報社

豚肉ソーセージ試作 上伊那農業高校畜産班が新商品開発へ活動

上伊那農業高校(南箕輪村)の畜産班が、鹿肉や地場産牛肉などを使った新商品の開発に向けて活動を始めた。22日は基礎学習のための実習を同校で行い、生徒らが豚肉を使ったソーセージを試作。校内にある機...

東京で「牧草ロール」 新作を発表 満寿屋商店

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)は18日午前、新商品のクロワッサン「牧草ロール」を発表した。25日にオープンする東京都内の自由が丘・東急フードショースライス店のみで販売する。...

十勝の逸品パン 帯広で 藤丸出店の「トカチク」が販売

 十勝産のパンを中心に乳製品やスイーツなどを販売する「Tokachiku(トカチク)」が、帯広市内の藤丸地下1階にオープンし、人気を集めている。  開店したのは4月29日。「郊外にある十勝の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク