全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

芽室産原料で新ワイン 20日から販売

新作ワインを手にする尾藤代表(右)ら

 めむろワイナリー(尾藤光一代表)は12日、芽室産ブドウ100%使用の2019年産の新作ワイン「大地の序章」と「豊穣(ほうじょう)の序章」を発表した。大地の-は20日から数量限定で販売する。

 めむろワイナリーは、芽室産ブドウでのワイン醸造を目指すブドウの生産者団体「芽室ワインカウンティ」(吉田知浩代表)が設立した株式会社。昨年6月に初のワイン「INIZIO 2018」を発表した。

 今回は芽室町内の農家5軒が計2.7トンのブドウを収穫。池田町ブドウ・ブドウ酒研究所に醸造や瓶詰めを委託した。大地の-は「山幸」「清舞」を使用。酸味を抑え、締まりのある味に仕上がった。約1500本を製造した。一方、豊穣の-は「清見」「ツバイゲルトレーベ」を使い、軽く爽やかな口当たり。74本の製造で、イベントなどで振る舞われる予定。

 めむろワイナリーは現在、新嵐山スカイパークの土地の一部にワイナリーを建設中。尾藤代表は「ヨーロッパに劣らないワインが芽室でできることを近い将来、証明したい」と話す。

 大地の-は20日午前0時から、道内在住者限定で販売する。1本3500円(税別)で1人4本まで。申し込みは住所や名前、年齢、電話番号、ファクス番号、予約本数を記載したファクス(0155・62・8340)か、めむろワイナリーのフェイスブックで受け付けている。

関連記事

久しぶり食の催事 藤丸うまいもの大会 帯広

 「7日間限りのうまいもの大会」が17日、帯広市内の藤丸7階の催し会場で始まった。全国各地の秋の味覚を取りそろえた会場は、名産を買い求める客たちでにぎわっている。23日まで。  毎年恒例のイベ...

豊橋のハウス栽培「次郎柿」収穫出荷

 豊橋市石巻地区で、温室栽培した次郎柿の収穫が始まった。今年も甘みたっぷりで、シャキシャキとした歯ごたえが味わえるという。  市内では露地栽培ものより早い収穫と出荷をするために、1980年か...

スマホQRスタンプラリー開始

 渥美商工会は観光客に地元の飲食店を利用してもらおうと、スマートフォンを使ったポイントラリー「めぐる~めQRスタンプラリー」を年末まで開催している。QRコードで登録して来店ポイントをためると...

本醸造28日発売 帯広畜大・碧雲蔵「初仕込み」第2弾

 帯広畜産大学の酒蔵「碧雲蔵(へきうんぐら)」で試験醸造された十勝限定販売の日本酒の第2弾「初仕込み 本醸造」が28日、管内の小売店やスーパーなどで発売される。  碧雲蔵は上川大雪酒造(上川管...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク