全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

キャンプ人気 収入ぐんぐん さらべつカントリーパーク

 オートキャンプ場さらべつカントリーパーク(村弘和)の2019年度利用者は前年度比28%増の1万257人となり、20年ぶりに1万人を超えた。村産業課では、施設の改修による魅力向上や近年の第3次キャンプブームが後押ししたとみている。

20年ぶりに来場者が1万人を超えたさらべつカントリーパーク

 さらべつカントリーパークは、さらべつ産業振興公社が運営する通年営業のキャンプ場。30ヘクタールの敷地にコテージやトレーラーハウス、ミニコテージ、キャンプサイトがあり、パークゴルフ場や遊具も備える。

 1993年の開業で、利用者は95年の1万2734人をピークに94年から99年まで1万人を上回っていた。2000年以降は減少傾向となり、11年度には4799人まで落ち込んだ。

 こうした中、12年度には道産木材をふんだんに使った「ミニコテージ」5棟を整備。18年度にはトレーラーハウス5棟を更新したほか、園内の池を整備し水遊びができるよう改修した。キャンプブームも相まって近年の利用者は増加傾向にあり、17年度から3年連続プラスとなった。

 19年度の利用者内訳はコテージが444件2591人(前年度比20.7%増)、トレーラーハウスが317件1177人(27.7%増)、ミニコテージが421件1469人(10.4%増)、テントサイトが1587件5020人(39.5%増)。

 今年度は新型コロナウイルスの影響で4月22日から休業していたが、5月26日に再開している。

 同公社の19年度決算のキャンプ場収入は前年度比23.5%増の2530万円。道の駅さらべつや、どんぐり公園パークゴルフ場なども運営する同公社の当期純利益は531万円だった。

関連記事

長野日報社

商店街「そっと」彩る七夕飾り 諏訪市末広

長野県諏訪市の末広連合商業会(長谷川佳史会長)は6日、七夕飾りを作り、商店街の街路灯に取り付けた。例年約3000人の人出でにぎわう恒例の七夕祭りは新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止したが...

長野日報社

遠照寺開創1200年記念に連鶴 富士連鶴の会が奉納

長野県伊那市高遠町山室の遠照寺に3日、同寺開創1200年を記念し、連鶴49個が奉納された。連鶴は静岡県富士市の「富士連鶴の会」が制作。1枚の紙から作り、数羽の鶴がつながっている連鶴が、1200...

「道の駅とよはし」全建賞道路部門を受賞

 豊橋市東七根町の道の駅「とよはし」が、全日本建設技術協会による全建賞の道路部門を受賞した。 優れた社会基盤整備事業を表彰するもので、自転車ツーリング用のサイクルピットや、電動アシスト自転...

長野日報社

諏訪湖サマーナイト花火 8月1日から開催

諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館組合でつくるサマーナイト花火実行委員会は26日、諏訪市の諏訪湖で花火を連日打ち上げる「諏訪湖サマーナイト花火」を8月1日から22日までの22日間、3密対策を講じた上で開...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク