全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

レノファ山口が新体制発表会

抱負を語る霜田監督と選手たち(記念会館で)

 サッカーJ2レノファ山口が21日、山口県宇部市の記念会館で新体制発表会を開いた。J2参戦3年目となる今季のスローガンは「蹴球維進2018」、キャプテンはMF三幸秀稔選手に決定。霜田正浩監督は、来場した約700人のサポーターを前に「選手たちが相手ゴールになだれ込むような情熱的なサッカーをしたい」と意気込みを語った。

 河村孝社長は「元気と感動を与えられるよう、とにかくホームで勝ちたい。チーム一丸となって頑張る」と決意。明治150年に合わせ「維新の志士たちの魂を受け継ぎ、力強く前進する」との思いを込めたスローガンの発表もあった。霜田監督は「一つでも順位を上げ、最終的には上から見下ろせるような位置にいたい。サポーターにたくさん会場に来てもらい、1年間皆さんと一緒に戦いたい」と抱負。質疑応答では選手補強の可能性を示唆し「J2リーグは毎年差が小さく、どこにもチャンスがあるが、逆に気を抜けば下に行く」と認識を語った。

 三幸新キャプテンは「一つ一つ大切に戦い、上位に食い込みたい」と話し、29日~2月7日のタイ2次キャンプなど今後のスケジュールを紹介。ご当地選手の抽選もあり、規約変更で出身の周南市担当となったMF清永丈瑠選手が代表で「各市町を盛り上げていきたい」と誓った。新加入者のうち、元日本代表のDF坪井慶介選手は、レノファの印象を「サッカーに対して真剣に取り組んでいる。それをピッチの中で戦う集団に。自身にも、周りにも要求したい」と語り、「勝つために山口にやって来た。今年で39歳になるが、成長に年齢は関係ない。守備力を磨き、監督の求めを理解して、しっかりプレーしたい」とベテランらしい頼もしさを漂わせた。リオ五輪アジア最終予選の代表だったFWオナイウ阿道選手は「サポーターに愛されているチーム。得点という形でチームに貢献したい」、プロ野球解説者・高木豊さんの息子で、東京ヴェルディから期限付き移籍したFW高木大輔選手は「両親の生まれ故郷でプレーできるのが、うれしい。ロングスローを見てほしい」と語った。

関連記事

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

北羽新報社

「祭り集結」圧巻、熱く

 県内外の祭りが会する「第32回おなごりフェスティバルin能代2019」は14日、能代市の畠町通りで開催された。令和初めてとなるおなごりフェスには、仙台すずめ踊りや青森ねぶた、盛岡さんさなど東北地方を...

石垣市文化協会を表彰 しまくとぅば県民大会 又吉さん、米城さんも

 【うるま】第7回しまくとぅば県民大会(県主催)が14日午後、うるま市民芸術劇場響ホールであり、しまくとぅば普及功労者として石垣市文化協会(江川義久会長)、又吉智永さん(79)=竹富町黒島=、米城惠...

長野日報社

諏訪湖よさこい開幕 県内外1000人が演舞

 長野県内最大規模のよさこいイベント、第7回「諏訪湖よさこい」(実行委員会主催)が14日、下諏訪町の赤砂崎公園と岡谷市 の岡谷湖畔公園で始まった。2日間にわたり、県内外の一般・ジュニア計36団...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク