全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

レノファ山口が新体制発表会

抱負を語る霜田監督と選手たち(記念会館で)

 サッカーJ2レノファ山口が21日、山口県宇部市の記念会館で新体制発表会を開いた。J2参戦3年目となる今季のスローガンは「蹴球維進2018」、キャプテンはMF三幸秀稔選手に決定。霜田正浩監督は、来場した約700人のサポーターを前に「選手たちが相手ゴールになだれ込むような情熱的なサッカーをしたい」と意気込みを語った。

 河村孝社長は「元気と感動を与えられるよう、とにかくホームで勝ちたい。チーム一丸となって頑張る」と決意。明治150年に合わせ「維新の志士たちの魂を受け継ぎ、力強く前進する」との思いを込めたスローガンの発表もあった。霜田監督は「一つでも順位を上げ、最終的には上から見下ろせるような位置にいたい。サポーターにたくさん会場に来てもらい、1年間皆さんと一緒に戦いたい」と抱負。質疑応答では選手補強の可能性を示唆し「J2リーグは毎年差が小さく、どこにもチャンスがあるが、逆に気を抜けば下に行く」と認識を語った。

 三幸新キャプテンは「一つ一つ大切に戦い、上位に食い込みたい」と話し、29日~2月7日のタイ2次キャンプなど今後のスケジュールを紹介。ご当地選手の抽選もあり、規約変更で出身の周南市担当となったMF清永丈瑠選手が代表で「各市町を盛り上げていきたい」と誓った。新加入者のうち、元日本代表のDF坪井慶介選手は、レノファの印象を「サッカーに対して真剣に取り組んでいる。それをピッチの中で戦う集団に。自身にも、周りにも要求したい」と語り、「勝つために山口にやって来た。今年で39歳になるが、成長に年齢は関係ない。守備力を磨き、監督の求めを理解して、しっかりプレーしたい」とベテランらしい頼もしさを漂わせた。リオ五輪アジア最終予選の代表だったFWオナイウ阿道選手は「サポーターに愛されているチーム。得点という形でチームに貢献したい」、プロ野球解説者・高木豊さんの息子で、東京ヴェルディから期限付き移籍したFW高木大輔選手は「両親の生まれ故郷でプレーできるのが、うれしい。ロングスローを見てほしい」と語った。

関連記事

溶けない「マジック・アイス」

 本格的な夏に向け、豊橋市御園町の「パティスリー モリ」がオープン5周年の20日、「マジック・アイス」を新たに発売した。洋菓子では珍しい葛粉を使い、時間が経ってもポタポタと溶けないアイスで、森貴正...

荘内日報社

酒田南高女子生徒が“舞娘修業”に入門

 いずれも酒田市の「舞娘(まいこ)茶屋 相馬樓」(樓主・新田嘉一平田牧場グループ会長)と、酒田南高校(中原浩子校長)が締結した日本舞踊を中心とした伝統文化伝承、起業家精神を持つ人材の育成に関する協...

紀伊民報社

津波碑ウェブ地図に掲載 過去の教訓伝える

 和歌山県田辺市の津波被害を伝える石碑16基が19日、国土地理院のウェブ地図に掲載された。過去の被災場所を知らせ、教訓を周知する。全国48市区町村の碑が掲載されたが、県内は田辺市のみ。  国土地...

宇部日報社

トラフグの稚魚4万匹放流

 県水産研究センター内海研究部と県栽培漁業公社は19日、山口市の秋穂湾にトラフグの稚魚4万匹を放流した。    放流したフグは体長7㌢ほど。秋穂東の内海栽培漁業センターで採卵・ふ化させ、秋穂西の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク