全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

優秀園と特別賞受賞 いのだ幼稚園

表彰後、森田昌夫会長(手前)と握手するいのだ幼稚園の吉濱徳子園長=20日午後、ソニー(株)本社ビル

 【東京】2017年度ソニー教育助成論文入選校・入選園の発表が20日、東京港区のソニー株式会社本社ビルで行われ、幼児教育支援プログラムの優秀園および審査員特別賞として、石垣市立いのだ幼稚園が選ばれた。吉濱徳子園長(58)は「園児4人だけの小さい園でも一生懸命やると、こういう大きな賞がいただけることは大変うれしい。今後の保育に生かしたい」と喜びを語った。  同賞は公益財団法人ソニー財団(森田昌夫会長)が全国の小・中学校、幼稚園・保育所・認定こども園から教育実践論文を募集し、優れた取り組みに教育助成金とソニー製品を贈呈するもので、17年度は計306件の論文応募があった。  優秀園、審査員特別賞を受賞したいのだ幼稚園の論文は、「科学する(学びの芽)を育てる~身近な自然とのかかわりをとおして~」がテーマ。4人の園児を対象に吉濱園長と伊良皆恵理教諭、預かり担当の川平美香さんの3人で研究を行い、地域の豊かな自然を通して、子どもたちの「感性」「認識力・判断力」「たくましさ」を観点に考察にまとめた。  特にチョウやカマキリなど、昆虫の羽化から脱皮までを追った観察では、「気づきや問題発見など子ども同士の関わりが深まり、“科学する心”が生まれた」と導き出した。  同財団の髙野瀬一晃理事長は「自然体験や命の尊さを通して子どもたちが輝きを放つ実践は多くの小規模園の参考になるもの」と受賞理由を挙げた。  吉濱園長は「課題が見えたことで継続実践が大切。今後は近隣地域だけでなく、八重山地区全体での研究に発展できれば」と意欲を見せた。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク