全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

優秀園と特別賞受賞 いのだ幼稚園

表彰後、森田昌夫会長(手前)と握手するいのだ幼稚園の吉濱徳子園長=20日午後、ソニー(株)本社ビル

 【東京】2017年度ソニー教育助成論文入選校・入選園の発表が20日、東京港区のソニー株式会社本社ビルで行われ、幼児教育支援プログラムの優秀園および審査員特別賞として、石垣市立いのだ幼稚園が選ばれた。吉濱徳子園長(58)は「園児4人だけの小さい園でも一生懸命やると、こういう大きな賞がいただけることは大変うれしい。今後の保育に生かしたい」と喜びを語った。  同賞は公益財団法人ソニー財団(森田昌夫会長)が全国の小・中学校、幼稚園・保育所・認定こども園から教育実践論文を募集し、優れた取り組みに教育助成金とソニー製品を贈呈するもので、17年度は計306件の論文応募があった。  優秀園、審査員特別賞を受賞したいのだ幼稚園の論文は、「科学する(学びの芽)を育てる~身近な自然とのかかわりをとおして~」がテーマ。4人の園児を対象に吉濱園長と伊良皆恵理教諭、預かり担当の川平美香さんの3人で研究を行い、地域の豊かな自然を通して、子どもたちの「感性」「認識力・判断力」「たくましさ」を観点に考察にまとめた。  特にチョウやカマキリなど、昆虫の羽化から脱皮までを追った観察では、「気づきや問題発見など子ども同士の関わりが深まり、“科学する心”が生まれた」と導き出した。  同財団の髙野瀬一晃理事長は「自然体験や命の尊さを通して子どもたちが輝きを放つ実践は多くの小規模園の参考になるもの」と受賞理由を挙げた。  吉濱園長は「課題が見えたことで継続実践が大切。今後は近隣地域だけでなく、八重山地区全体での研究に発展できれば」と意欲を見せた。

関連記事

荘内日報社

200人力合わせ飛島をきれいに

 本県唯一の離島・飛島の自然豊かな環境を守ることを目的とした清掃活動「飛島クリーンアップ作戦」が25日、島内の荒崎海岸一帯で行われ、酒田市内外から参加したボランティア有志や島民計約200人が散乱した漂着...

クマ用スプレー貸し出します 高額、飛行機持ち込み不可…不便多く 帯広

 大雪山系の豊かな自然と十勝に魅せられた東京都の会社員白岩慎隆(のりたか)さん(51)が、登山者向けにクマ撃退スプレーのレンタル事業を始める。スプレーの飛行機持ち込みに制限があることなど自身の感じ...

宇部日報社

住吉まつりに3万人 47団体が踊りや太鼓で盛り上げ【山陽小野田】

 第13回「復活!住吉まつり」は26日、山陽小野田市東住吉町の住吉神社をメイン会場に開かれた。青天の下、恒例のパレードやステージイベントに加えて周辺施設でも多彩なイベントが行われ、約3万人(...

長野日報社

危機感募る観光地 サル出没相次ぐ光前寺周辺 長野県駒ケ根市

 長野県駒ケ根市駒ケ根高原の光前寺周辺で、野生のニホンザルの出没が相次いでいる。10年ほど前から頻繁に現れるようになったが、「今年は特にひどい」(地元関係者)。人的被害こそ確認されていないものの...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク