全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

避難誘導に「のろしグナル」

豊川の御津臨海企業用地内高台へ設置

 豊川市は、御津町佐脇浜の御津2区臨海企業用地内の避難用高台に、地元企業が製造した避難誘導装置「のろしグナル」を設置した。南海トラフ地震発生時の有効な避難手段として効果が期待される。  御津2区内の豊川鋼機(金子博司代表取締役)が製造するのろしグナル(高さ4㍍)は高台の最上部に立つ。津波が発生した際に地区内企業の従業員らが迅速に避難できるよう、津波注意報や警報を受信すると音声、赤の発光ライト、白煙で避難場所に誘導する。全国初の設置だ。過去には三重県鳥羽市相差町での津波想定訓練でも一時的に活用されている。

 高台は標高16・5㍍で、約2000人を収容できる。3本の避難路はアスファルトで舗装されている。東日本大震災を受けて2011(平成23)年秋に発足した、立地企業で組織する自主防災組織「御津臨海企業懇話会」は毎年、南海トラフ地震の大津波を想定した避難訓練でこの高台を活用している。  のろしグナルの設置事業費は昨年度予算で3月末までに設置される予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期されていた。

関連記事

ネオワイズ彗星を初撮影 石垣島天文台 堀内研究員が雲間から捉える

 石垣島天文台は7日、ネオワイズ彗星(すいせい)の撮影に成功した。同彗星は2020年3月27日、NASAの赤外線天文衛星NEOWISE(ネオワイズ)によって発見された彗星。7月頃、明け方の空で明るく...

長野日報社

学習就労支援を開始 駒ケ根市がIBMのプログラム活用

 駒ケ根市は7日、日本アイ・ビー・エム(IBM)が提供する社会貢献プログラム「SkillsBuild(スキルズビルド)」を活用した学習就労支援を始めた。市内に開設している駒ケ根テレワークオフィ...

荘内日報社

来年2月1-2日「王祇祭」史上初の中止

 鶴岡市黒川地区に長く伝わる黒川能(国指定重要無形民俗文化財)の「王祇祭」が来年中止されることが明らかになった。6日、春日神社の難波玉記宮司(77)から能役者をはじめ関係各所に通知された。毎年2月1~2...

群島在住者は観覧料100円 奄美パーク、島々の自然文化知る機会に 奄美市..

 鹿児島県奄美市笠利町の県奄美パークは4日、奄美群島在住者限定で観覧料の減額を始めた。地元住民に改めて奄美の自然や民俗、芸術などの魅力に触れる機会を提供する。8月31日まで。  同施設は来年で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク