全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

ウェザーステーション開発へ

 鶴岡工業高等専門学校(高橋幸司校長)創造工学科情報コースの金帝演准教授(47)と学生たちが、1地点の温度や湿度などの気象情報を提供するシステム「ウェザーステーション」の開発に取り組んでいる。市販品が100万円超など高額なのに対し、精度は落ちるが、5万円程度と格安で作れることから、金准教授は「地元農業の多くの分野で活用できるのでは」と夢を膨らませている。

 金准教授の専門は、自動車の安全運転を支援する位置特定など、センサーを通じて情報を計測・数値化するセンシング技術。2013年に鶴岡高専に赴任して以来、地元の基幹産業である農業への応用に関心を持ち、ドローンを使って気象情報を得る手法などを研究。19年1月ごろからは、ともに現・専攻科1年の佐藤大地さん(21)、齋藤大輝さん(20)の学生2人と共に、「KOSEN版ウェザーステーション」の開発に取り組んでいる。

 KOSEN版は、市販のセンサーなど安価な部品を使い、実用に耐えるものを目指している。温度、湿度、日射量、気圧、風速、風向、雨量の7項目を測定し、それらの情報をパソコンやスマートフォンなどを通じ、いつでも確認できる。さらに、例えば気温などが一定値を越えると、「LINE」を通じてアラート(警報)が鳴るように設定することができる。製作費は本体だけで約5万円、電源用の太陽光発電パネルを付けると約7万5000円。金准教授の指導の下、主に本体の回路設計や組み立てを佐藤さん、サーバー管理やオンライン上の問題を齋藤さんが担当している。

 2019年3月からは三川町横山のJA全農山形庄内農機センター内の水稲の育苗ハウス7棟に各1台、同10月からは東根市神町のサクランボ畑に1台の計8台を設置し、耐久性や性能の実証試験を行っている。  これまでのところ、高専屋上に設置した高精度の市販品に比べ、雨量の精度はまだ低く、課題が残るが、温度や湿度は市販品に近く、地温などのアラートもうまく機能するという。

 金准教授は「ウェザーステーションは、少しの気象変化が収益を大きく左右する高付加価値の作物、例えばサクランボやメロンなどでは比較的導入しやすい」という。また、「農業の後継者不足の要因には、農作業を長年の経験や勘などの感覚に頼っていることがあると思う。感覚頼りの面を見える化することで、効率的で、若者にも分かりやすい農業になる。KOSEN版も、そうした農業の可能性を高める技術として進化させていきたい」と話す。

 今後は精度をより高め、作物の収量と気象データの相関をどこまで追究できるかなど、研究を深める。超音波を使い、作物の生長具合や水田の水位把握などの応用も考えている。市販の予定はないが、希望者には可能な範囲で試作品を提供するという。問い合わせは金准教授=電0235(25)9038=へ。

鶴岡高専の敷地内に設置したKOSEN版ウェザーステーションを囲む(左から)齋藤さん、佐藤さん、金准教授

関連記事

ネオワイズ彗星を初撮影 石垣島天文台 堀内研究員が雲間から捉える

 石垣島天文台は7日、ネオワイズ彗星(すいせい)の撮影に成功した。同彗星は2020年3月27日、NASAの赤外線天文衛星NEOWISE(ネオワイズ)によって発見された彗星。7月頃、明け方の空で明るく...

長野日報社

学習就労支援を開始 駒ケ根市がIBMのプログラム活用

 駒ケ根市は7日、日本アイ・ビー・エム(IBM)が提供する社会貢献プログラム「SkillsBuild(スキルズビルド)」を活用した学習就労支援を始めた。市内に開設している駒ケ根テレワークオフィ...

荘内日報社

来年2月1-2日「王祇祭」史上初の中止

 鶴岡市黒川地区に長く伝わる黒川能(国指定重要無形民俗文化財)の「王祇祭」が来年中止されることが明らかになった。6日、春日神社の難波玉記宮司(77)から能役者をはじめ関係各所に通知された。毎年2月1~2...

群島在住者は観覧料100円 奄美パーク、島々の自然文化知る機会に 奄美市..

 鹿児島県奄美市笠利町の県奄美パークは4日、奄美群島在住者限定で観覧料の減額を始めた。地元住民に改めて奄美の自然や民俗、芸術などの魅力に触れる機会を提供する。8月31日まで。  同施設は来年で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク