全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「諏訪八蔵」の利き酒イベント 下諏訪の有志

乾杯をして諏訪八蔵の日本酒を味わう参加者

 下諏訪町の若者有志でつくる「下諏訪パブリックハウス実行委員会」は21日、「諏訪八蔵利き酒イベント」を同町のマスヤゲストハウスで開いた。利益を町内で新たな事業に取り組む移住者や若者の支援に活用する目的。町内外から日本酒ファンが集まり、諏訪の地酒を楽しんだ。

 「下諏訪パブリックハウス」として諏訪の地酒と料理を楽しむイベントを昨年夏から開催しており、第3弾となる。利き酒は初の試みで、昼の部には同町や岡谷市、茅野市、富士見町、岐阜県などから12人が参加した。はじめにサービスの酒で乾杯した後、各蔵の酒を1杯ずつ試飲した。一通り飲み終わったところで銘柄を隠した酒を飲み、どの銘柄かを当てた。

 参加者は4チームに分かれて“対戦”。少し酔いも回る中で、結果が発表されると盛り上がりを見せた。実行委は今回のイベントで支援対象となる事業の一覧表を参加者に示し、それぞれ応援したい事業を選んでもらった。

 実行委の小口正史代表(27)は「ほとんどが初めての参加者だったが、単なる飲食だけではなく、利き酒という共通の目的を設けたことで会話が弾んだ。今後も定期的に開いていきたい」と手応えを感じていた。2月には諏訪八蔵の最高級の酒と相性の合う料理の組み合わせを楽しむ「ペアリング」のイベントを計画しているという。

関連記事

長野日報社

直売所の味を全国へ 八ケ岳農業実践大が通販サイトオープン

八ケ岳中央農業実践大学校(原村)で製造・販売されている加工品を専門に扱う通販サイトがオープンした。同校オリジナル商品のアイスクリームやヨーグルト、卵などをインターネット上で購入できる。新型コロ...

長野日報社

豚肉ソーセージ試作 上伊那農業高校畜産班が新商品開発へ活動

上伊那農業高校(南箕輪村)の畜産班が、鹿肉や地場産牛肉などを使った新商品の開発に向けて活動を始めた。22日は基礎学習のための実習を同校で行い、生徒らが豚肉を使ったソーセージを試作。校内にある機...

東京で「牧草ロール」 新作を発表 満寿屋商店

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)は18日午前、新商品のクロワッサン「牧草ロール」を発表した。25日にオープンする東京都内の自由が丘・東急フードショースライス店のみで販売する。...

芽室産原料で新ワイン 20日から販売

 めむろワイナリー(尾藤光一代表)は12日、芽室産ブドウ100%使用の2019年産の新作ワイン「大地の序章」と「豊穣(ほうじょう)の序章」を発表した。大地の-は20日から数量限定で販売する。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク