全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「諏訪八蔵」の利き酒イベント 下諏訪の有志

乾杯をして諏訪八蔵の日本酒を味わう参加者

 下諏訪町の若者有志でつくる「下諏訪パブリックハウス実行委員会」は21日、「諏訪八蔵利き酒イベント」を同町のマスヤゲストハウスで開いた。利益を町内で新たな事業に取り組む移住者や若者の支援に活用する目的。町内外から日本酒ファンが集まり、諏訪の地酒を楽しんだ。

 「下諏訪パブリックハウス」として諏訪の地酒と料理を楽しむイベントを昨年夏から開催しており、第3弾となる。利き酒は初の試みで、昼の部には同町や岡谷市、茅野市、富士見町、岐阜県などから12人が参加した。はじめにサービスの酒で乾杯した後、各蔵の酒を1杯ずつ試飲した。一通り飲み終わったところで銘柄を隠した酒を飲み、どの銘柄かを当てた。

 参加者は4チームに分かれて“対戦”。少し酔いも回る中で、結果が発表されると盛り上がりを見せた。実行委は今回のイベントで支援対象となる事業の一覧表を参加者に示し、それぞれ応援したい事業を選んでもらった。

 実行委の小口正史代表(27)は「ほとんどが初めての参加者だったが、単なる飲食だけではなく、利き酒という共通の目的を設けたことで会話が弾んだ。今後も定期的に開いていきたい」と手応えを感じていた。2月には諏訪八蔵の最高級の酒と相性の合う料理の組み合わせを楽しむ「ペアリング」のイベントを計画しているという。

関連記事

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

豊橋のブランド梨「あきづき」食べ頃

 豊橋市小島町産のブランド梨「あきづき」が旬を迎え、JAあぐりパーク食彩村(豊橋市東七根町)の店頭に並んでいる。  秋に収穫され、月のように丸みを帯びている形から「あきづき」と呼ばれ、シャリ...

長野日報社

棚田米の「おいしい酒」期待 中川村大草で稲刈り

棚田が広がる長野県中川村大草の飯沼地区で7日、酒米・美山錦の収穫があった。棚田の保全に取り組む飯沼農業活性化研究会(坂下芳久会長)のほか、JA上伊那や村などの関係者ら約50人が参加。おいしい酒...

「復興のみそぱん」新発売 厚真町産のおふくろみそ使用-三星

 菓子製造販売の三星(本社苫小牧市)は5日から、胆振東部地震の復興支援の一環で厚真町産の「おふくろみそ」をパン生地に練り込んだ「厚真復興のみそぱん」(税込み160円)の販売を始めた。苫小牧市と登...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク