全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

白樺湖で「桟橋開き」

白樺湖の「桟橋開き」で白鳥型足こぎボートを着水させる関係者

 茅野市と立科町にまたがる白樺湖で30日、レジャーシーズンの到来を告げる「桟橋開き」があった。例年は大型連休前の4月に行うが、新型コロナウイルス感染拡大防止への協力期間もあったため、この時期に移行した。関係者約20人が神事を行い、今季の安全と高原リゾートの発展を祈願。白樺湖観光センターは同日から、感染防止対策を徹底した上で貸しボートの営業を始めた。

 湖を管理する池の平土地改良区と、白樺湖観光センターの主催。池の平神社で神事をした後、桟橋や貸しボートなどをおはらいした。進水式を初めて行い、旅館・ホテルやペンション、自治会の代表者を含む9人が一致協力し、白鳥型足こぎボート1台を湖面に降ろした。

 白樺湖は、県内のほか、東京など関東圏からの来訪・宿泊者が多い。土地改良区の両角忠理事長は「一日でも早く新型コロナの影響が払拭されることを願う」とし、「新しい生活様式に基づく日常が戻り、お客さまに楽しんでもらえるようになれば」と望んだ。

 同センターの両角昌高社長によると、貸しボートは、稼働数を半分に減らすなどして密集と密接を避けるようにしていくほか、利用者にはマスクの着用や手指の消毒を呼び掛けていく。白樺湖はヘラブナやコイ釣りのシーズンを迎えており、この日は新緑の中で釣りを楽しむ親子連れの姿も。6月半ばになると、レンゲツツジの朱色の花が盛りを迎える。

関連記事

紀伊民報社

白良浜に「光の公園」 イルミネーション点灯

 和歌山県白浜町の白良浜で1日、イルミネーションの点灯が始まった。カラフルな「光の公園」が観光客らを迎えている。点灯時間は午後5時~10時。来年1月31日まで。  冬場の観光客誘致などを目的に、...

荘内日報社

酒田台町かいわい 施設・旧跡4カ所ライトアップ

 数多くの飲食店が軒を並べ、「混雑のあまり肩がぶつかり、まっすぐ歩けなかった」と回顧する人がいるほど市民らでにぎわい、港町・酒田の繁栄の象徴だった台町かいわい(日吉町一丁目、同二丁目、船場町一丁目...

旧虎杖中校舎 「森の工舎」に ナチュラルサイエンス 自然と科学のミュージアム..

基礎化粧品メーカーのナチュラルサイエンス(本社東京)は2日、白老町虎杖浜の同社工場敷地「ナチュの森」の一角に建つ旧虎杖中学校の校舎を改装し、親子で楽しめる文化施設「自然と科学のミュージアム 森の工...

大樹の養殖マス大半死滅 しけ直撃、不運3年続き

 大樹町内の旭浜漁港で試験的に養殖されているサクラマスは、先週末にしけの直撃を受け、大半が出荷できない状態になってしまった。同事業は一昨年、昨年も不調に終わり、「三度目の正直」と臨んだ今期だっ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク