全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新しいライオンの見方

 豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)内で、市が整備していた新しいライオン展示場が30日、グランドオープンした。ライオンたちが頭上を歩いたり、放飼場(放し飼いする場所)で行動したりする姿を間近で見られるようになった。新型コロナウイルス対策で休園していたが、26日に再開したばかりで、最初の週末となったこの日、多くの家族連れらが訪れた。  園内にある自然史博物館南側のアフリカエリアに大放飼場(481平方㍍)、小放飼場(167平方㍍)を整備した。それぞれ高さ5㍍の金網がある。小放飼場は獣舎から来園者の上を通る仕組みとなっており、通路も金網越しに見られる。

 大放飼場は高さ2・2㍍、幅3・6㍍、厚さ3㌢のガラスを設けた。ライオンたちの息遣いや足音なども柵越しに聞ける。  両放飼場の一般公開はこの日が初めて。雄の「アース」(1歳)が大放飼場、雌の「シルク」(2歳)が小放飼場に現れると親子連れはそれぞれを見て回った。獣舎には「オト」(20歳)も引っ越しており、新しい3頭での生活を始めている。  市内の中学3年駒田一葉さん(14)と小学6年加藤理愛さん(11)は「昨年、ハヤテ(雄)が死んで寂しかった。久々にライオンをこんなに近くで見られてうれしい」と話した。  同園ではアースとシルクでの繁殖にも取り組んでいく。

関連記事

長野日報社

諏訪湖の御神渡り 長野県諏訪市八剱神社の観察見物

 諏訪湖の結氷と御神渡り(御渡り)の出現について観察を続けている八剱神社(長野県諏訪市小和田)の関係者の様子をひと目見ようと、27日も諏訪市豊田の舟渡川河口近くの湖岸に見物客が集まった。このうち...

長野日報社

氷瀑、冬の造形美 長野県茅野市蓼科高原の横谷峡

 長野県茅野市蓼科中央高原の横谷峡で、冬の風物詩である氷瀑が現れている。岩肌に青白い氷柱が連なり、自然が織り成す造形美が楽しめる。  横谷温泉旅館から上流へ遊歩道を15分ほど歩いた場所にある「...

長野日報社

御神渡り期待 諏訪湖観察の見学ツアー人気 長野県

 諏訪湖の御神渡り(御渡り)への期待が高まる中、八剱神社(長野県諏訪市)による諏訪湖観察を見学するツアーが人気を集めている。RAKO華乃井ホテルなどを運営する諏訪湖リゾート(同市高島)が行って...

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク