全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新しいライオンの見方

 豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)内で、市が整備していた新しいライオン展示場が30日、グランドオープンした。ライオンたちが頭上を歩いたり、放飼場(放し飼いする場所)で行動したりする姿を間近で見られるようになった。新型コロナウイルス対策で休園していたが、26日に再開したばかりで、最初の週末となったこの日、多くの家族連れらが訪れた。  園内にある自然史博物館南側のアフリカエリアに大放飼場(481平方㍍)、小放飼場(167平方㍍)を整備した。それぞれ高さ5㍍の金網がある。小放飼場は獣舎から来園者の上を通る仕組みとなっており、通路も金網越しに見られる。

 大放飼場は高さ2・2㍍、幅3・6㍍、厚さ3㌢のガラスを設けた。ライオンたちの息遣いや足音なども柵越しに聞ける。  両放飼場の一般公開はこの日が初めて。雄の「アース」(1歳)が大放飼場、雌の「シルク」(2歳)が小放飼場に現れると親子連れはそれぞれを見て回った。獣舎には「オト」(20歳)も引っ越しており、新しい3頭での生活を始めている。  市内の中学3年駒田一葉さん(14)と小学6年加藤理愛さん(11)は「昨年、ハヤテ(雄)が死んで寂しかった。久々にライオンをこんなに近くで見られてうれしい」と話した。  同園ではアースとシルクでの繁殖にも取り組んでいく。

関連記事

長野日報社

商店街「そっと」彩る七夕飾り 諏訪市末広

長野県諏訪市の末広連合商業会(長谷川佳史会長)は6日、七夕飾りを作り、商店街の街路灯に取り付けた。例年約3000人の人出でにぎわう恒例の七夕祭りは新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止したが...

長野日報社

遠照寺開創1200年記念に連鶴 富士連鶴の会が奉納

長野県伊那市高遠町山室の遠照寺に3日、同寺開創1200年を記念し、連鶴49個が奉納された。連鶴は静岡県富士市の「富士連鶴の会」が制作。1枚の紙から作り、数羽の鶴がつながっている連鶴が、1200...

「道の駅とよはし」全建賞道路部門を受賞

 豊橋市東七根町の道の駅「とよはし」が、全日本建設技術協会による全建賞の道路部門を受賞した。 優れた社会基盤整備事業を表彰するもので、自転車ツーリング用のサイクルピットや、電動アシスト自転...

長野日報社

諏訪湖サマーナイト花火 8月1日から開催

諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館組合でつくるサマーナイト花火実行委員会は26日、諏訪市の諏訪湖で花火を連日打ち上げる「諏訪湖サマーナイト花火」を8月1日から22日までの22日間、3密対策を講じた上で開...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク