全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新しいライオンの見方

 豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)内で、市が整備していた新しいライオン展示場が30日、グランドオープンした。ライオンたちが頭上を歩いたり、放飼場(放し飼いする場所)で行動したりする姿を間近で見られるようになった。新型コロナウイルス対策で休園していたが、26日に再開したばかりで、最初の週末となったこの日、多くの家族連れらが訪れた。  園内にある自然史博物館南側のアフリカエリアに大放飼場(481平方㍍)、小放飼場(167平方㍍)を整備した。それぞれ高さ5㍍の金網がある。小放飼場は獣舎から来園者の上を通る仕組みとなっており、通路も金網越しに見られる。

 大放飼場は高さ2・2㍍、幅3・6㍍、厚さ3㌢のガラスを設けた。ライオンたちの息遣いや足音なども柵越しに聞ける。  両放飼場の一般公開はこの日が初めて。雄の「アース」(1歳)が大放飼場、雌の「シルク」(2歳)が小放飼場に現れると親子連れはそれぞれを見て回った。獣舎には「オト」(20歳)も引っ越しており、新しい3頭での生活を始めている。  市内の中学3年駒田一葉さん(14)と小学6年加藤理愛さん(11)は「昨年、ハヤテ(雄)が死んで寂しかった。久々にライオンをこんなに近くで見られてうれしい」と話した。  同園ではアースとシルクでの繁殖にも取り組んでいく。

関連記事

北羽新報社

「木都・能代」の林業テーマにモニターツアー

 能代観光協会は26、27の両日、林業に焦点を当てたモニターツアーを能代市内で行った。天然秋田杉の見学をはじめ、「木都・能代」を象徴する国登録有形文化財「旧料亭金勇」への訪問、木工体験などが行程に...

長野日報社

秋晴れの空と山並み水鏡 駒ケ根高原の大沼湖 長野県

 朝晩の冷え込みが徐々に強まり、長野県駒ケ根市と宮田村にまたがる駒ケ根高原では木々の色付きが深まっている。雪化粧した中央アルプスの姿が晩秋から初冬へと季節の移ろいを感じさせている。  同高原...

長野日報社

諏訪神仏プロジェクト盛り上げ 参拝特典「ヤシカ・テラカ」配布中 長野県

長野県の諏訪神社(現・諏訪大社)とともにあった神宮寺ゆかりの仏像を、所蔵する寺院などが一斉公開する「諏訪神仏プロジェクト」の参加神社、寺院が参拝者特典として「お社カード(ヤシカ)」、「お寺カー...

長野日報社

公開中の仏像紹介 諏訪神仏プロジェクト公式ガイド発売 長野県

江戸時代まで長野県の諏訪神社(現諏訪大社)とともにあった神宮寺由来の仏像などを一斉公開している「諏訪神仏プロジェクト」の実行委員会が、公開中の仏像などを紹介する公式ガイドブックを作り、11日に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク