全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

どうなる白良浜の海開き

閉鎖が続く白良浜(白浜町で)

 和歌山県白浜町や町内の観光、商工団体が、白良浜の海開き(海水浴場の開設)の可否を検討している。夏季は白浜温泉街の繁忙期で、海水浴客らの存在は地域経済に重要だが、新型コロナウイルスの対策はおろそかにできない。町などは、感染防止に向けたガイドラインを作り、それをクリアできるかどうか見極めた上で海開きを判断する方針。

「どちらでも批判は出る」

 29日に町役場であった関係機関の代表者らによる会議は、白良浜の海開きをどうするかが議題だったが、結論は出なかった。
 町の経済3団体と呼ばれる町商工会、白浜観光協会、白浜温泉旅館協同組合は「会員アンケートで開設を望む声が多い」などとして、海開きに積極的だ。一方、町は「開けることで生じるリスクも含めて検討する必要がある」との姿勢を見せる。
 そこで出たのが、ガイドラインを作るというアイデア。事務局レベルで内容を詰め、改めて代表者会議で判断する流れになりそうだ。作成に当たっては有識者の意見を聞くことも検討している。
 海開きをすれば、いわゆる「3密」(密集・密接・密閉)をなるべく避ける取り組みが必要になる。学生が多いライフセーバーの確保も課題だ。逆に海開きを見送るとしても、入場できないような措置を取らない限り、自己判断で泳ぐ人が出る可能性は残る。
 学校の夏休み期間が短縮される方針があることや、既に「今年は開設しない」と決めた県外の海水浴場があることもあって、来場者数を読みづらいという事情もある。関係者の間では「どちらに決めたとしても、もう一方からは批判が出る」との声も聞かれる。
 井澗誠町長は取材に「作成するガイドラインをオール白浜で徹底できるかどうかがポイントになる。多面的に検討し、6月中には決めたい」と話している。
 白良浜の昨年の海水浴客(7、8月)は約40万人。多い日で2万人弱が訪れた。今年は4年ぶりに5月3日の海開きを予定していたが、新型コロナの影響で延期になった経緯がある。

関連記事

紀伊民報社

白良浜に「光の公園」 イルミネーション点灯

 和歌山県白浜町の白良浜で1日、イルミネーションの点灯が始まった。カラフルな「光の公園」が観光客らを迎えている。点灯時間は午後5時~10時。来年1月31日まで。  冬場の観光客誘致などを目的に、...

荘内日報社

酒田台町かいわい 施設・旧跡4カ所ライトアップ

 数多くの飲食店が軒を並べ、「混雑のあまり肩がぶつかり、まっすぐ歩けなかった」と回顧する人がいるほど市民らでにぎわい、港町・酒田の繁栄の象徴だった台町かいわい(日吉町一丁目、同二丁目、船場町一丁目...

旧虎杖中校舎 「森の工舎」に ナチュラルサイエンス 自然と科学のミュージアム..

基礎化粧品メーカーのナチュラルサイエンス(本社東京)は2日、白老町虎杖浜の同社工場敷地「ナチュの森」の一角に建つ旧虎杖中学校の校舎を改装し、親子で楽しめる文化施設「自然と科学のミュージアム 森の工...

大樹の養殖マス大半死滅 しけ直撃、不運3年続き

 大樹町内の旭浜漁港で試験的に養殖されているサクラマスは、先週末にしけの直撃を受け、大半が出荷できない状態になってしまった。同事業は一昨年、昨年も不調に終わり、「三度目の正直」と臨んだ今期だっ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク