全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

中体連 田川地区大会開催へ コロナ状況踏まえ6月末最終判断

 田川地区中学校総合体育大会(田川中体連大会)が7月23(木)~26日(日)に開かれることが明らかになった。同中学校体育連盟(会長・齋藤範夫羽黒中校長)が29日、大会開催の意向を鶴岡市教育委員会や各中学に通知した。

 全国中学校総合体育大会(全中)は既に中止が決まり、それに伴い予選である東北大会、県大会も中止になった。

 このままでは3年生たちがかわいそうだと、地区連盟として大会開催を模索していたもの。幸い県は今月5日以来、30日まで新型コロナウイルス感染者が出ておらず、庄内に限っては4月18日以来、出ていない。

地区大会開催が具体化。ランニング練習も心が弾む鶴岡二中陸上部=29日、同中グラウンド

 大会の予定日は7月の4連休にあたり、生徒・保護者が無理なく臨める日程とした。

 田川地区の中学校の部活動は25日から再開されており、大会開催の最終判断は約1カ月後の6月30日にした。今後のコロナ感染状況と部活動再開後の生徒たちの体力・調整度合いなども加味される。そのため田川地区からコロナ感染者が再度出るなど第2波が襲ってきた場合は中止も考えられる。

 大会は小真木原陸上競技場で行われる陸上など14競技24種目で行われる。県トップレベルの鶴岡一、三中が出場するバスケットボールなどが注目競技。また濃厚接触が危惧される柔道は全柔連から公式戦中止を通達されており、田川大会も行われないもよう。相撲のように従来から地区大会はなく即県大会の競技も実施されない。

 なお県内で中体連地区大会が行われるのは田川、最上の2地区のみ。飽海、村山、置賜では中止のままとなっている。

 ◆齋藤会長 選手たちの力を発揮できる場をと、ずっと考えてきた。そこで浮かび上がったのが7月の連休だった。全国的にコロナの第2波を警戒しており、もし6月中、田川地区に感染者が出たら難しくなるケースがある。そうならないことを祈っている。

関連記事

紀伊民報社

大雨で民家や道路に被害 田辺市本宮町

 和歌山県田辺市本宮町で13~14日に降った大雨は、民家や道路に被害をもたらした。大雨の爪痕が残る現場を17日に訪ねた。  「本当にすごい雨だった」。本宮町本宮の男性(80)は振り返る。14日...

荘内日報社

全中サッカー開幕 庄内8会場で32チーム熱戦

 「第53回全国中学校サッカー大会」が18日、庄内8会場で始まった。全中サッカーが庄内で開催されるのは1988年以来、34年ぶり。鶴岡市の小真木原陸上競技場では1回戦で前年度優勝の神村学園中等部(鹿児島)が登...

海産物ロードをパレード 白老町虎杖浜越後踊り保存会  白老

白老町虎杖浜で17日、送り盆の伝統行事「虎杖浜越後盆踊り」が行われ、白老町虎杖浜越後踊り保存会(南昌宏会長)による踊りのパレードや灯籠流し、打ち上げ花火で先祖の霊を送った。パレードでは保存会の会員...

バイオガスからLPガス 鹿追町と古河電工 製造試験

 鹿追町と古河電工(東京、小林敬一社長)は18日、地域資源を最大限利活用した脱炭素・循環型社会の実現に向けた包括連携協定を締結した。同町中鹿追で家畜ふん尿由来のバイオガスからLPガスを合成し、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク