全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

中体連 田川地区大会開催へ コロナ状況踏まえ6月末最終判断

 田川地区中学校総合体育大会(田川中体連大会)が7月23(木)~26日(日)に開かれることが明らかになった。同中学校体育連盟(会長・齋藤範夫羽黒中校長)が29日、大会開催の意向を鶴岡市教育委員会や各中学に通知した。

 全国中学校総合体育大会(全中)は既に中止が決まり、それに伴い予選である東北大会、県大会も中止になった。

 このままでは3年生たちがかわいそうだと、地区連盟として大会開催を模索していたもの。幸い県は今月5日以来、30日まで新型コロナウイルス感染者が出ておらず、庄内に限っては4月18日以来、出ていない。

地区大会開催が具体化。ランニング練習も心が弾む鶴岡二中陸上部=29日、同中グラウンド

 大会の予定日は7月の4連休にあたり、生徒・保護者が無理なく臨める日程とした。

 田川地区の中学校の部活動は25日から再開されており、大会開催の最終判断は約1カ月後の6月30日にした。今後のコロナ感染状況と部活動再開後の生徒たちの体力・調整度合いなども加味される。そのため田川地区からコロナ感染者が再度出るなど第2波が襲ってきた場合は中止も考えられる。

 大会は小真木原陸上競技場で行われる陸上など14競技24種目で行われる。県トップレベルの鶴岡一、三中が出場するバスケットボールなどが注目競技。また濃厚接触が危惧される柔道は全柔連から公式戦中止を通達されており、田川大会も行われないもよう。相撲のように従来から地区大会はなく即県大会の競技も実施されない。

 なお県内で中体連地区大会が行われるのは田川、最上の2地区のみ。飽海、村山、置賜では中止のままとなっている。

 ◆齋藤会長 選手たちの力を発揮できる場をと、ずっと考えてきた。そこで浮かび上がったのが7月の連休だった。全国的にコロナの第2波を警戒しており、もし6月中、田川地区に感染者が出たら難しくなるケースがある。そうならないことを祈っている。

関連記事

紀伊民報社

梅チップで薫製チーズ 商品化へ試作

 和歌山県上富田町のJR朝来駅近くでゲストハウスとカフェを経営する梅本倫弍さん(66)が、南高梅の剪定(せんてい)枝を薫製用に加工したチップを使い、薫製チーズの試作に取り組んでいる。ゆくゆくは商...

荘内日報社

過疎地の除雪対策 ボランティア募集 高齢化他地域から応援求める(鶴岡・福栄..

 少子高齢化が進む中で過疎地域をどう支え合うか―。鶴岡市温海地域の山あいの集落で組織する「福栄地域協議会福の里」(大滝徹会長)は、一人暮らしの高齢者や障がい者世帯を手助けする除雪ボランティアを募集し...

荘内日報社

コロナ感染拡大 飲食店は“二極化現象” 庄内5市町と山形市に まん延防止重点措..

 まん延防止等重点措置が27日、山形市と庄内5市町に適用された。飲食店の対応は―。おおむね県の「認証」を受けている店は営業し、取っていないところは休業する「二極化現象」が見られた。代行車は、時短営業の...

幻想的氷の美術館 支笏湖氷濤まつり開幕 

2022千歳・支笏湖氷濤まつり(支笏湖まつり実行委員会主催)が29日、千歳市の支笏湖園地で開幕した。「氷の野外美術館」をコンセプトに高さ約13メートルの「ブルータワー」5基や氷の展望台など氷像約3...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク