全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

元Jリーガーの冨田さん、宇部高の後輩に助言【宇部】

画面越しに生徒の質問に答える冨田さん(画面左下)ら(宇部高で)

 宇部市出身の元Jリーガーで、水戸ホーリーホックのクラブリレーションコーディネーター(CRC)の冨田大介さん(43)が29日、母校の宇部高(辻岡博之校長)サッカー部3年生12人とビデオ通話によるグループミーティングを開いた。部活動を続けるか受験に専念するかの選択に迫られる生徒に、理由を持って決断することの大切さを伝えた。    新型コロナウイルス感染症の影響で、3年は最後のインターハイが中止となった。けがでインターハイに出場できなかった冨田さんが自身の境遇と重ね、経験談などを伝えることで生徒の力になりたいと提案。同校サッカー部の同級生で、東京の広告代理店に勤める田中宏和さん(43)を進行役に、宇部と茨城、東京の3カ所をつないで行われた。    冨田さんは3年でインターハイ出場を逃した際に、同高に入った理由を改めて見詰め直したという。プロサッカー選手になることが夢で、筑波大でサッカーをするために高校を選んだと考え、勉強をするために部活を引退したと思い出を語った。「HOW(どうやって)」では無く、「WHY(どうして)」と過去や将来の夢に理由をつけてみるようにと勧め、「苦しんで決断した思い出が、人生を明るく楽にする。いつでも相談して」と熱心に聞く生徒らに呼び掛けた。    副キャプテンの山下健太朗君は「話を聞きながら、仲間と勝つ楽しさを味わいたいからサッカーを続けてきたんだと考えた。なぜかを明確にして、今後の目標を立てたい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

梅チップで薫製チーズ 商品化へ試作

 和歌山県上富田町のJR朝来駅近くでゲストハウスとカフェを経営する梅本倫弍さん(66)が、南高梅の剪定(せんてい)枝を薫製用に加工したチップを使い、薫製チーズの試作に取り組んでいる。ゆくゆくは商...

荘内日報社

過疎地の除雪対策 ボランティア募集 高齢化他地域から応援求める(鶴岡・福栄..

 少子高齢化が進む中で過疎地域をどう支え合うか―。鶴岡市温海地域の山あいの集落で組織する「福栄地域協議会福の里」(大滝徹会長)は、一人暮らしの高齢者や障がい者世帯を手助けする除雪ボランティアを募集し...

荘内日報社

コロナ感染拡大 飲食店は“二極化現象” 庄内5市町と山形市に まん延防止重点措..

 まん延防止等重点措置が27日、山形市と庄内5市町に適用された。飲食店の対応は―。おおむね県の「認証」を受けている店は営業し、取っていないところは休業する「二極化現象」が見られた。代行車は、時短営業の...

幻想的氷の美術館 支笏湖氷濤まつり開幕 

2022千歳・支笏湖氷濤まつり(支笏湖まつり実行委員会主催)が29日、千歳市の支笏湖園地で開幕した。「氷の野外美術館」をコンセプトに高さ約13メートルの「ブルータワー」5基や氷の展望台など氷像約3...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク