全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

保養所温泉 新館1日開業【中標津】

24室が新たに備わり拡充した中標津保養所温泉(右側が新館)

 日帰り温泉やビジネス客の利用が多い中標津保養所温泉旅館(加藤達雄社長、東28北8)が、客室を24室増やし全44室の温泉施設として6月1日にリニューアルオープンする。新館はインターネットやトイレなどを完備した個室が中心で、加藤社長は「これまで以上に気軽にのんびりくつろげる空間」とPRしている。

 個室の需要が目立ってきたため10年前から増築の構想を抱き、昨年ごろから本格的に取り掛かった。2年前の大規模停電を教訓に、電源が自動で切り替わる自家発電機も備えた。工事は新型コロナウイルスが流行する前から始め、現在は臨時休業し内装を整備している。

 今回増築した新館は24室で個室が18、2人部屋が5、大部屋(5人まで)が1。料金は1人当たり素泊まりが5900円、1泊2食8000円から(いずれも税込み)。本館と別館各10部屋の料金は新館より安くしている。

 同旅館は1984年5月に「東中温泉」として開業し同9月に現在の名称に変えて法人化。「保養所」という名は、気ままにくつろいでほしいという思いを込めた。千葉県で大手鉄鋼会社に勤めていた加藤社長(65)は父を手伝うため帰省。機械に明るかったため設備管理などを担い現在に至る。

 宿泊は7割がビジネスマンで旅行者はリピーター が多く、早朝からの日帰り温泉は地元客もよく利用 する。加藤社長は「正直コロナの影響は心配だが、 落ち着いたら息抜きに利 用してほしい」と話している。  日帰り温泉は午前6時30分から午後9時30分。問い合わせは0153(72)0368へ。

関連記事

幻想的氷の美術館 支笏湖氷濤まつり開幕 

2022千歳・支笏湖氷濤まつり(支笏湖まつり実行委員会主催)が29日、千歳市の支笏湖園地で開幕した。「氷の野外美術館」をコンセプトに高さ約13メートルの「ブルータワー」5基や氷の展望台など氷像約3...

帯広農業高スイーツ 全道セコマに レシピコンテスト入賞 ハスカップでムース

 帯広農業高校の食品科学科地域資源活用班(大山明夏班長)の3年生8人が作成したレシピが、「ほっかいどう農業高校×どさんこワイド オリジナルスイーツレシピコンテスト」に入賞した。商品化され、31日...

宇部日報社

ユーモラスな顔でお出迎え 山口宇部空港にふくちょうちん300個【宇部】

 山口宇部空港で、下関ふくちょうちん飾りの展示が行われている。約300個が天井、テナント店のレジ前、チェックインカウンターなど各所につるされ、来場者を出迎えている。2月28日まで。    山口宇...

長野日報社

節分祭 多幸願い福升作り 長野県岡谷市の成田山蓮華不動院

長野県岡谷市成田町の成田山蓮華不動院(宮坂宥洪住職)で28日、30日に開く節分祭に向けた福升作りが行われた。事前に福豆まきを申し込んだ厄年の男女や年男年女らの多幸を願い、宮坂住職が一つ一つ丁寧...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク