全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

一期米の出荷始まる 初検査で全量1等認定

出荷前に米の形状やハリ、水分量などを検査する農作物検査員の資格を持つJAおきなわ八重山地区営農振興センターの職員=29日午前、JA八重山地区ライスセンター

 日本一早い八重山産新米の出荷が29日、JA八重山地区ライスセンターで始まった。出荷前に行われた初検査で全量が1等と認定された。

 検査では、農作物検査員の資格を持つJA職員が出荷米から無作為にサンプルを抽出し、粒の大きさや形状、ハリ、病害虫の被害が無いかなどを目視でくまなく確認。含まれる水分量が15%以下であることを計器で測定し、健全な整粒が70%以上で1等と認定する。

 JAによると、一期米の収穫は7月上旬まで続き、今期は石垣島で650㌧、西表島で170㌧、計820㌧(玄米)の収穫を見込んでいる。ことしは少雨や低温で初期生育が心配されたが、全体的に品質は良好だという。例年6割は1等米と認定され、ことしは7割以上を目指している。

 この日は農家6人分、21㌧を郡内向けに出荷。6月5日から小売店などで販売を開始する。同日から3日間、JAファーマーズマーケットゆらてぃく市場で新米キャンペーンが行われる。本島向けの出荷は6月中旬を予定。

 同検査員の資格を持つJAおきなわ八重山地区営農振興センター営農指導員の大嵩丈夢さんは初検査を終え、「米粒がしっかりしていてツヤがあり輝いて見える。食べ応えがあると思う。農家の方が一生懸命作ってくれたお米を消費者に届けられるよう頑張りたい」と意気込んだ。

関連記事

荘内日報社

ベニバナのドライフラワー贈り交流 宮城県村田二中 修学旅行で酒田・山居倉庫..

 宮城県村田町の村田第二中学校(松﨑恵子校長)の3年生22人が27日、酒田市の国指定史跡・山居倉庫を訪問、生徒自ら栽培した町特産「ベニバナ」のドライフラワーを山居倉庫夢の倶楽を運営する酒田観光物産協会(...

紀伊民報社

熊野古道「潮見峠越」で道普請 有機栽培の農家グループ

 有機栽培に取り組む和歌山県田辺市の農家グループ「田辺印の会」(前田謙会長)が27日、市内にある世界遺産・熊野古道の「潮見峠越」で道普請をした。  会は2008年創立。農家14戸が計16ヘクター...

「伝泊」がグッドデザイン金賞 「島の自然と対話」がコンセプト 地域資源の..

 奄美イノベーション(山下保博代表)が運営する鹿児島県奄美市笠利町の高級リゾート宿泊施設「伝泊 The Beachfront MIJORA」がこのほど、2021年度グッドデザイン金賞(日本デザイ...

サウナから然別湖へダイブ 特殊テント導入 鹿追ホテル風水

 然別湖畔温泉ホテル風水(鹿追町然別湖畔)は、湖畔でアウトドアサウナを実施している。特殊テントでフィンランド式のサウナを楽しめ、水風呂代わりにテントから直接然別湖に入ることもできる。同ホテルの営業...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク