全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

一期米の出荷始まる 初検査で全量1等認定

出荷前に米の形状やハリ、水分量などを検査する農作物検査員の資格を持つJAおきなわ八重山地区営農振興センターの職員=29日午前、JA八重山地区ライスセンター

 日本一早い八重山産新米の出荷が29日、JA八重山地区ライスセンターで始まった。出荷前に行われた初検査で全量が1等と認定された。

 検査では、農作物検査員の資格を持つJA職員が出荷米から無作為にサンプルを抽出し、粒の大きさや形状、ハリ、病害虫の被害が無いかなどを目視でくまなく確認。含まれる水分量が15%以下であることを計器で測定し、健全な整粒が70%以上で1等と認定する。

 JAによると、一期米の収穫は7月上旬まで続き、今期は石垣島で650㌧、西表島で170㌧、計820㌧(玄米)の収穫を見込んでいる。ことしは少雨や低温で初期生育が心配されたが、全体的に品質は良好だという。例年6割は1等米と認定され、ことしは7割以上を目指している。

 この日は農家6人分、21㌧を郡内向けに出荷。6月5日から小売店などで販売を開始する。同日から3日間、JAファーマーズマーケットゆらてぃく市場で新米キャンペーンが行われる。本島向けの出荷は6月中旬を予定。

 同検査員の資格を持つJAおきなわ八重山地区営農振興センター営農指導員の大嵩丈夢さんは初検査を終え、「米粒がしっかりしていてツヤがあり輝いて見える。食べ応えがあると思う。農家の方が一生懸命作ってくれたお米を消費者に届けられるよう頑張りたい」と意気込んだ。

関連記事

北羽新報社

これぞ白砂青松 能代の住民団体が砂防林で松葉かき

 能代市の住民グループ・風の松原に守られる人々の会(桜田隆雄会長)は17日朝、今年度の林床改良作業を同市河戸川字西山下の松林で始めた。クロマツの生育環境を整え、「白砂青松」の美しい風景を維持しよ...

戦跡や慰霊碑巡る 学習成果発表向け 八商工観光コース

 八重山商工商業科観光コース2年生14人が17日、慰霊の日特設授業や観光コースづくりにつなげることを目的に㈲南ぬ島交通企画の「平和学習ツアー」に参加し、戦跡や慰霊碑を巡った。6月23日の「慰霊の日」に...

長野日報社

御柱祭下社里曵き 安全な曳行へ氏子協力 夜間にずれ込み日程課題 長野県

 諏訪大社御柱祭下社里曳きは14~16日に長野県下諏訪町で行われ、春宮、秋宮の社殿の四隅に計8本の御柱を無事に曳き建てた。初日午前に小雨が降ったが期間を通じて天候に恵まれ、新型コロナウイルスの感染...

紀伊民報社

パンダの竹でイカの産卵床 食べ残し使い30基

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は17日、ジャイアントパンダが食べ残した竹の枝葉を使ってアオリイカの産卵床を作った。町内の海底に沈めて産卵状況を観察し、効果があれば継続し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク