全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ひな人形「収納飾り」人気 商戦活況 十勝で市場拡大

華やかなひな人形が並ぶ売り場。収納が容易なコンパクト商品が好まれている(藤丸)

 3月3日の桃の節句に合わせ、帯広市内の大型店で「ひな人形」商戦がピークを迎えている。住宅事情や核家族化などから、飾る場所を選ばず、収納に便利なコンパクト商品が好まれる傾向が進んでいる。

 ひな人形は、女の子の誕生を祝い、健やかな成長への願いが込められている。市内大型店のひな人形商戦は1月中旬から下旬がピークで、昨年12月から売り場を展開する店が多い。

 藤丸は「三段飾り」「親王飾り」など約70種類の商品を用意。台座の中に人形を保管できる「収納飾り」が人気で、売り上げの半数を占めている。売れ筋価格帯は15万~20万円。

 削り出した木に衣装を貼った「木目込人形」や、天皇・皇后両陛下の成婚時の衣装を再現した人形も好評。売り上げは前年並みで、子供家庭用品課の浦島行子係長は「三段飾りも、コンパクトで収納できる商品が人気」と話す。巨大な七段飾りは、2~3年に1セットの割合で購入者がいるという。

 近年、帯広の子どもの数は減少しているが、ひな人形市場は拡大傾向にあるという。孫の成長を願い、立派なひな人形を贈る祖父母の存在や、幼少期に買ってもらえず、自分用に購入する65歳以上の女性の増加が背景にあるようだ。

 イトーヨーカドー帯広店の売り上げは、前年比8割増と好調に推移。前年は期間限定だったカード会員1割引きを五月人形商戦終了まで拡大したほか、人形は一体一体表情が異なるため、お気に入りをいち早く確保したいとの心理が働いたと分析している。

 約80種類の商品がそろう中、人気は4万~10万円の「ケース飾り」。人形と装飾がケース内に展示されたコンパクトな商品で、びょうぶなどの装飾にも力を入れ、差別化を図っている。

 帯広店のひな人形の売り上げはここ数年伸び続け、伸び率は同社店舗の全国平均を上回る。高嶋嗣仁趣味雑貨担当マネジャーは「十勝は風習を大事にする習慣が根付いている。農家など広い住宅も多く、今後も需要が増えるのでは」と期待している。

関連記事

紀伊民報社

大たいまつ製作進む 那智大社で例大祭

 那智勝浦町那智山の世界遺産・熊野那智大社(男成洋三宮司)で、国の重要無形民俗文化財に指定されている例大祭「那智の扇祭り」(7月14日)で使われる大たいまつの製作が進んでいる。  熊野那智大社に...

新鮮野菜求め列 帯広市内サラダ館で「おはよう朝市」

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク