全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

宮田村ワイン「紫輝」たる熟成 きょう発売

宮田村特産ワイン「紫輝」のたる熟成の完成を祝う発表会

宮田村の特産ワイン「紫輝」のたる熟成の販売に先立ち、宮田村などは29日、発表会を同村の本坊酒造マルス信州蒸溜所で開いた。たる熟成のワインを製造するのは15年ぶり。たるの香ばしい香りと厚みのある味わいが楽しめる一品で、30日から上伊那地方の酒販店などで販売する。

昨年、村内で収穫したブドウ・ヤマソービニオンで製造した2019年産赤ワインを、新だるで約5カ月間にわたり熟成。味や香りを残しつつも、おりや不純物などを取り除くために軽くろ過をした。2733本(720ミリリットル瓶)が完成した。

同社の製造担当者らによると、紫輝本来の果実味と穏やかな酸味に、たるの香りが加わり厚みのある味わいに仕上がっているといい、肉料理などとともに食卓で楽しむのがお勧めという。

小田切康彦村長は「紫輝は宮田村の独自産業の大きな柱の一つ。たる熟成が広まり、さらに独自産業を発展していきたい」と話した。同蒸溜所の折田浩之所長は「久しぶりにたる熟成を復活させ、二つのラインアップで楽しんでほしい」とした。

1本2420円(税込み)。ワインを仕込んだたるには、ウイスキーを入れて熟成させ、来年5月頃に販売する予定。問い合わせは村産業振興推進室(電話0265・85・5864)へ。

関連記事

長野日報社

長谷の野菜でピクルス 食感や外観にもこだわり

長野県伊那市長谷の農業法人ファームはせは、地物野菜などを材料に開発したピクルスを、道の駅南アルプスむら長谷で販売している。同法人の新ブランド「Colart(カラート)」の第2弾。素材の味を大切...

長野日報社

AIで飼育環境管理 食用コオロギのクリケットファームが新工場

食用コオロギの養殖、加工、販売を手掛けるクリケットファーム(長野県岡谷市川岸上、坪井大輔社長)が茅野市玉川に新工場を開設し、養殖を始めた。11日からオープンイベントを開催し、工場内やコオロギの...

長野日報社

「シナノリップ」選果 JA上伊那が生産拡大に力 長野県

 長野県のJA上伊那が生産拡大に力を入れる早生種リンゴ「シナノリップ」の選果作業が、箕輪町の選果場で始まっている。県の独自品種で、今年度は約100トンの収量を見込む。選果作業は盆明けごろにピー...

長野日報社

新しい味わい方PR ブルーベリーのピクルス商品化 長野県伊那市

長野県伊那市西箕輪の農業公園みはらしファームは、同園の農場で栽培されたブルーベリーで作ったピクルスを商品化した。8月1日から園内の農産物直売所とれたて市場で販売する。生の実をまろやかな風味の液...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク