全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

宮田村ワイン「紫輝」たる熟成 きょう発売

宮田村特産ワイン「紫輝」のたる熟成の完成を祝う発表会

宮田村の特産ワイン「紫輝」のたる熟成の販売に先立ち、宮田村などは29日、発表会を同村の本坊酒造マルス信州蒸溜所で開いた。たる熟成のワインを製造するのは15年ぶり。たるの香ばしい香りと厚みのある味わいが楽しめる一品で、30日から上伊那地方の酒販店などで販売する。

昨年、村内で収穫したブドウ・ヤマソービニオンで製造した2019年産赤ワインを、新だるで約5カ月間にわたり熟成。味や香りを残しつつも、おりや不純物などを取り除くために軽くろ過をした。2733本(720ミリリットル瓶)が完成した。

同社の製造担当者らによると、紫輝本来の果実味と穏やかな酸味に、たるの香りが加わり厚みのある味わいに仕上がっているといい、肉料理などとともに食卓で楽しむのがお勧めという。

小田切康彦村長は「紫輝は宮田村の独自産業の大きな柱の一つ。たる熟成が広まり、さらに独自産業を発展していきたい」と話した。同蒸溜所の折田浩之所長は「久しぶりにたる熟成を復活させ、二つのラインアップで楽しんでほしい」とした。

1本2420円(税込み)。ワインを仕込んだたるには、ウイスキーを入れて熟成させ、来年5月頃に販売する予定。問い合わせは村産業振興推進室(電話0265・85・5864)へ。

関連記事

久しぶり食の催事 藤丸うまいもの大会 帯広

 「7日間限りのうまいもの大会」が17日、帯広市内の藤丸7階の催し会場で始まった。全国各地の秋の味覚を取りそろえた会場は、名産を買い求める客たちでにぎわっている。23日まで。  毎年恒例のイベ...

豊橋のハウス栽培「次郎柿」収穫出荷

 豊橋市石巻地区で、温室栽培した次郎柿の収穫が始まった。今年も甘みたっぷりで、シャキシャキとした歯ごたえが味わえるという。  市内では露地栽培ものより早い収穫と出荷をするために、1980年か...

スマホQRスタンプラリー開始

 渥美商工会は観光客に地元の飲食店を利用してもらおうと、スマートフォンを使ったポイントラリー「めぐる~めQRスタンプラリー」を年末まで開催している。QRコードで登録して来店ポイントをためると...

本醸造28日発売 帯広畜大・碧雲蔵「初仕込み」第2弾

 帯広畜産大学の酒蔵「碧雲蔵(へきうんぐら)」で試験醸造された十勝限定販売の日本酒の第2弾「初仕込み 本醸造」が28日、管内の小売店やスーパーなどで発売される。  碧雲蔵は上川大雪酒造(上川管...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク