全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「姫ひじき」が激減 来季に向け海岸清掃

来季に向け、ヒジキを食べる小さなウニなどを駆除する組合員(26日、串本町姫で)

 和歌山県串本町姫の特産品「姫ひじき」の水揚げ漁が激減している。多い年で約6トン(乾燥状態)、近年は約4トンを収穫していたが、昨年は約2・6トンと減少し、今季は680キロとさらに少なかった。来季に向けて海岸を清掃した和歌山東漁協西向支所姫ひじき採捕組合の山田隆一組合長(77)は「こんなに少ないのは初めて。自然が相手なので来季も予想はつかないが、何とかおいしい姫ひじきを皆さんに食べてもらえるようにしたい」と話している。

 太くてやわらかく、粘りがある「姫ひじき」は、東京など遠方からも毎年注文が入る人気商品。町内のスーパーマーケットや道の駅などでも販売されている。
 姫の海岸では、4月9日に今季のヒジキ漁が解禁されたが、生えている場所が少なく、収穫したヒジキの長さは例年の半分ほどの40~50センチと短かった。
 山田組合長は「年々水揚げ量は減っていたが、ここまで減るとは思わなかった。地球温暖化による海水温の上昇で、周辺のどこでも水揚げ量が減っていると聞いている。すでに各地から多数のヒジキの注文が入っているが、断るのに難儀している」と話した。
 来季のヒジキの成長を促そうと同組合は5月23~26日の4日間、姫ひじきを加工している姫ひじき生産組合(堀喜代子組合長)と一緒に、姫の海岸を清掃した。干潮の時間に合わせて両組合の組合員約20人が、岩場に張り付いたヒジキを餌にしている直径3センチほどのウニやフジツボ、藻などを鋼の道具を使って駆除した。
 堀組合長は「来年は少しでもヒジキが増えるようにと頑張った。約50年ヒジキ漁をしているが、今年は考えられないくらい少なかった」と話した。

関連記事

長野日報社

「星ケ塔遺跡」今年も人気 今季初の日帰りツアー 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町観光振興局は22日、同町郊外にある国史跡「星ケ塔黒曜石原産地遺跡(星ケ塔遺跡)」を訪ねる日帰りツアーの今季初回を開いた。全国各地から定員いっぱいの15人が参加。一行は標高約1500...

然別湖上の景色 遊覧船で 安全確認入念に 今季の運航開始

 今季の然別湖の遊覧船運航が21日、始まった。10月末まで毎日運航され、普段はなかなか見ることができない湖上からの風景を楽しめる。  遊覧船は、然別湖畔温泉ホテル風水が1963年から運航。来...

大島紬がフェラーリ内装に ニューヨークで機織り実演も

 イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」が、本場奄美大島紬を織り込んだ生地を運転席の内装に使用した特別仕様車を製造し、話題を呼んでいる。大島紬織元のはじめ商事(鹿児島県奄美市名瀬、元允謙社長)が...

長野日報社

「すずらん祭り」開幕 長野県富士見町の富士見パノラマリゾート

 長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで21日、スズランの開花期に合わせた「120万本のすずらん祭り」が開幕した。6月19日までの期間中はゴンドラ往復券の購入者に山野草の苗をプレゼント。町花スズ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク