全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「姫ひじき」が激減 来季に向け海岸清掃

来季に向け、ヒジキを食べる小さなウニなどを駆除する組合員(26日、串本町姫で)

 和歌山県串本町姫の特産品「姫ひじき」の水揚げ漁が激減している。多い年で約6トン(乾燥状態)、近年は約4トンを収穫していたが、昨年は約2・6トンと減少し、今季は680キロとさらに少なかった。来季に向けて海岸を清掃した和歌山東漁協西向支所姫ひじき採捕組合の山田隆一組合長(77)は「こんなに少ないのは初めて。自然が相手なので来季も予想はつかないが、何とかおいしい姫ひじきを皆さんに食べてもらえるようにしたい」と話している。

 太くてやわらかく、粘りがある「姫ひじき」は、東京など遠方からも毎年注文が入る人気商品。町内のスーパーマーケットや道の駅などでも販売されている。
 姫の海岸では、4月9日に今季のヒジキ漁が解禁されたが、生えている場所が少なく、収穫したヒジキの長さは例年の半分ほどの40~50センチと短かった。
 山田組合長は「年々水揚げ量は減っていたが、ここまで減るとは思わなかった。地球温暖化による海水温の上昇で、周辺のどこでも水揚げ量が減っていると聞いている。すでに各地から多数のヒジキの注文が入っているが、断るのに難儀している」と話した。
 来季のヒジキの成長を促そうと同組合は5月23~26日の4日間、姫ひじきを加工している姫ひじき生産組合(堀喜代子組合長)と一緒に、姫の海岸を清掃した。干潮の時間に合わせて両組合の組合員約20人が、岩場に張り付いたヒジキを餌にしている直径3センチほどのウニやフジツボ、藻などを鋼の道具を使って駆除した。
 堀組合長は「来年は少しでもヒジキが増えるようにと頑張った。約50年ヒジキ漁をしているが、今年は考えられないくらい少なかった」と話した。

関連記事

「あんまぁ~ず」が総理大臣表彰  与論町 出産・子育て応援に尽力

 鹿児島県与論町(奄美大島)のNPO法人「よろん出産子育て応援隊あんまぁ~ず」はこのほど、子育て支援の活動で顕著な功績があったとして、内閣府の「2021年度子供と家族・若者応援団表彰」の子育て・...

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポット...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク