全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

コロナ禍活動休止 鶴岡市のスポ少一斉練習再開

 コロナ禍のため活動休止していた鶴岡市内のスポーツ少年団が25日、一斉に活動を再開させた。

 朝暘六小の児童を中心に活動する「峰栄女子バレーボール」は第六学区コミュニティセンター体育館で午後5時から始動。団員10人が全員集まった。「長く練習できなかったからすごくうれしい。みんなと仲良くプレーしていきたい」と6年・五十嵐あおい主将(11)。4月5日以来の集合だったが、実質3カ月間ほとんど練習できておらず、選手たちも最初のうちはボールがなじまなかった。しかし2時間の練習中で少しずつ勘が戻って、レシーブ練習でも声が出始めた。

 春の公式戦は軒並み中止になった。夏から秋は仕切り直しで行われる大会もありそうだ。栗田新一監督(62)は約20年間の指導キャリア中「インフルエンザがはやって、相手選手と握手しないことなどはあった」と振り返りつつ「長期間、バレーをしたくてもできなかった気持ちをうまく導いて、選手たちのやる気につなげていきたい」と再出発に意欲的だった。

 峰栄野球スポ少では六小グラウンドで活動を再開した。昨夏の甲子園で1試合2本塁打を放った鶴岡東・丸山蓮選手(現立正大1年)が育ったチームで、瀬尾陽斗主将(11)は「みんなとまた野球ができてうれしい」と笑顔で練習に励んでいた。

レシーブ練習に励む女子バレー団員たち=第六コミセン

野球スポ少はキャッチボールで肩ならし=朝六小

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク