全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

超早場米の収穫始まる 来月上旬ごろ販売開始

青空が広がる中、石垣島で超早場米の収穫が始まった。収穫のピークは6月中旬~下旬ごろ=25日午前、市内平得地底

 県内有数の米どころ石垣島で超早場米の収穫が始まっている。25日午前、石垣市平得地底にある大道正信さん(52)の田んぼで一期米の稲刈りが行われた。新型コロナウイルスの影響で外出自粛生活が続き各世帯で米の消費も伸びる中、新米を楽しみにする消費者も多い。新米の販売開始は、JAファーマーズマーケットゆらてぃく市場や市内スーパーで6月上旬ごろを予定。

 梅雨の晴れ間となった同日、大道さんは刈り取り機で約70㌃の田んぼに広がる黄金色の稲穂を収穫。その日のうちにJAライスセンターへ搬入した。

 大道さんによると、1月20日にひとめぼれの苗を定植。2月、3月の少雨で生育が心配されたが、気温の寒暖差が大きくうま味が増しているという。

 「ことしもおいしい米がとれたので、各家庭の食卓に届けたい」とPRする大道さん。「3月以降に植え付けた苗は生育も良く豊作も期待できる」と自信をのぞかせた。

 ことし、八重山管内でJAが取り扱う一期米の収穫量は、玄米で石垣島650㌧(前年比50㌧増)、西表島170㌧(同10㌧増)を見込んでいる。一期米の収穫最盛期は6月中旬から下旬ごろ。

 コロナ禍による巣ごもり消費でゆらてぃく市場の米の販売量は前年4月の4㌧に比べ、ことしは約1.6倍の6.5㌧。一方、ホテルや飲食店などは、休業により需要は落ち込んだ。

関連記事

ネオワイズ彗星を初撮影 石垣島天文台 堀内研究員が雲間から捉える

 石垣島天文台は7日、ネオワイズ彗星(すいせい)の撮影に成功した。同彗星は2020年3月27日、NASAの赤外線天文衛星NEOWISE(ネオワイズ)によって発見された彗星。7月頃、明け方の空で明るく...

長野日報社

学習就労支援を開始 駒ケ根市がIBMのプログラム活用

 駒ケ根市は7日、日本アイ・ビー・エム(IBM)が提供する社会貢献プログラム「SkillsBuild(スキルズビルド)」を活用した学習就労支援を始めた。市内に開設している駒ケ根テレワークオフィ...

荘内日報社

来年2月1-2日「王祇祭」史上初の中止

 鶴岡市黒川地区に長く伝わる黒川能(国指定重要無形民俗文化財)の「王祇祭」が来年中止されることが明らかになった。6日、春日神社の難波玉記宮司(77)から能役者をはじめ関係各所に通知された。毎年2月1~2...

群島在住者は観覧料100円 奄美パーク、島々の自然文化知る機会に 奄美市..

 鹿児島県奄美市笠利町の県奄美パークは4日、奄美群島在住者限定で観覧料の減額を始めた。地元住民に改めて奄美の自然や民俗、芸術などの魅力に触れる機会を提供する。8月31日まで。  同施設は来年で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク