全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

外国籍児童らの「きぼう」開設

豊橋岩西小に初期支援コース教室

各地の学校が再開した25日、豊橋市立岩西小に、日本語指導が必要な児童のための小学校初期支援コース「きぼう」が開設された。この日は開設式があり、児童13人と保護者らが出席した。  市教育委員会によると、市内の外国籍の児童生徒数は県下で名古屋市に次いで多い2000人。多くが日本語の支援が必要とされているという。  「きぼう」の児童は3~6年生の男女。出身国はブラジル、フィリピン、タイ、パキスタンと多国籍だ。日本に入国後間もないなどの理由で、日本語と学校での生活習慣になじんでいない。  住所に近い学校に在籍しているが、徒歩や車の送迎で、市内各地からこの教室に通う。当初は15人の受け入れを予定していたが、通学手段の問題で2人が辞退したという。共働き家庭なども多いため、交通手段の確保も今後の課題だ。

 市内には中学生向けの「みらい」教室が2カ所にあるが、今回は初めて、児童向けの教室を設置した。今後、6週間かけて、日本語の基礎、掃除や給食、授業中の態度といった学校での週間を身につける。  開設式で、保護者らが見守る中、13人が入場すると拍手が送られた。駒木正清教育監が、多言語で歓迎のスピーチをして、指導にあたる担当教員、バイリンガル相談員、コーディネーターらが紹介された。子どもたちは母国語と日本語で誓いの言葉を語り、みんなで記念撮影していた。  教室では、「授業と授業の間を放課(ホウカ)と言います」とさっそく、学校の用語を説明した。5年生のヤナギサワ・リュウ君は「日本語を覚えたい」と笑顔で話していた。

関連記事

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

荘内日報社

躍る!! 切山椒 「観音様のお歳夜」向け本格化

 鶴岡市で今月17日に行われる「観音様のお歳夜(としや)」に向け、冬の風物詩「

王子サーモン製造ピーク 年末年始の贈答向け 今月は45トン生産

苫小牧市有明町の王子サーモン北海道工場では、年末年始向けのスモークサーモンの製造がピークを迎えている。約60人が交代で色鮮やかなサーモンの薫製や骨の抜き取り、カットなどの作業に取り組む。  同...

山田機械工業 楽器800万円分贈呈 帯広市内6校に

 「ピカピカの楽器で、子どもたちに喜んでほしい」-。部活動の楽器の老朽化が課題となる帯広市内の中学校に、民間からの寄付が相次いでいる。2日に市内の山田機械工業(山田康太社長)が、6校に計約80...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク