全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

別海町長 曽根氏再選【別海】

 

再選を決め万歳する曽根氏(中央)=24日午後10時10分ごろ

 任期満了に伴う町長選は24日投開票され、現職の曽根興三氏(68)が、新人の温泉宿泊施設責任者市川聖母(まりあ)氏(35)と自営業石井忠氏(67)を大差で破り、再選を果たした。投票率は60・33%で直近の2015年の80・64%を大きく下回った。

 新型コロナウイルス感染対策のため屋内外での演説を自粛する異例の選挙戦となったが、曽根氏が現職の知名度を生かし再選を果たした。曽根氏は4農漁協や商工会などが相乗りする盤石の支援体制で票を固め、再構築した中央との人脈など実績をアピール。公約に掲げた三つの第三セクターの方向性や子育てと福祉の充実を訴えた。

 一方、現役子育て世代の市川氏は、しがらみのない町民目線の政治を強調しインターネットなども使って支持を訴えたが、及ばなかった。石井氏は遊説をしない独自の戦いだったが、支持は広がらなかった。

 午後10時5分ごろ、当選が確定し後援会事務所に姿を見せた曽根氏は「本当にありがとうございました」と支持者に感謝。「手応えをつかめずもどかしい選挙だったが、これからも課題と向き合い、期待に応える4年間にしたい」と2期目の抱負を語った。

 敗れた市川氏は「2000票以上取れたことは頑張れたと思う。4年後のためにどんどん動いていく。町の未来のためにも皆さんの力が必要」と再出馬に意欲をみせた。

 当日の有権者数は1万1809人。投票者数は7124人で投票率は60・33%と、5年前を20㌽余り下回った。

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク