全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

畜大酒蔵を記念 十勝ラベル登場 上川大雪酒造

防風林など十勝らしさを出した十勝限定ラベルの「特別純米・上川大雪」をPRする川端副社長

 上川大雪酒造(上川管内上川町、塚原敏夫社長)は27日、十勝限定オリジナルラベルを配した「特別純米・上川大雪」の販売を管内限定で始める。

 同社が主導し、帯広畜産大内に酒蔵「碧雲(へきうん)蔵」の開設を進めている。4月末に建設が完成し、近く関係免許を取得、試験醸造を開始する。一般見学は今秋以降となる予定で、「十勝の人に感謝し、酒の認知をさらに高めたい」(同社)と限定品を企画した。

 同社によると、「上川大雪」は販売する酒でも最も販売量が多いという。通常、黒のラベルのロゴマークは緑色とし、防風林が広がるイラストとした。720ミリリットル瓶で1本1760円(税別)。初回の販売は1000本で、帯広小売酒販組合の加盟店中心に販売する。

 杜氏(とうじ)でもある川端慎治副社長は「順調に進めば、7月中にも帯畜大の酒蔵で醸造された酒が完成する。柔らかい、米のうまみが感じられるお酒。十勝の豊かな食材と一緒に味わって」と話していた。問い合わせは上川大雪酒造(01658・7・7388)へ。

関連記事

長野日報社

直売所の味を全国へ 八ケ岳農業実践大が通販サイトオープン

八ケ岳中央農業実践大学校(原村)で製造・販売されている加工品を専門に扱う通販サイトがオープンした。同校オリジナル商品のアイスクリームやヨーグルト、卵などをインターネット上で購入できる。新型コロ...

長野日報社

豚肉ソーセージ試作 上伊那農業高校畜産班が新商品開発へ活動

上伊那農業高校(南箕輪村)の畜産班が、鹿肉や地場産牛肉などを使った新商品の開発に向けて活動を始めた。22日は基礎学習のための実習を同校で行い、生徒らが豚肉を使ったソーセージを試作。校内にある機...

東京で「牧草ロール」 新作を発表 満寿屋商店

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)は18日午前、新商品のクロワッサン「牧草ロール」を発表した。25日にオープンする東京都内の自由が丘・東急フードショースライス店のみで販売する。...

芽室産原料で新ワイン 20日から販売

 めむろワイナリー(尾藤光一代表)は12日、芽室産ブドウ100%使用の2019年産の新作ワイン「大地の序章」と「豊穣(ほうじょう)の序章」を発表した。大地の-は20日から数量限定で販売する。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク