全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

25日から蒲郡市竹島水族館再開

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で休館していた蒲郡市竹島水族館は25日から再開する。スタッフは、客を迎え入れる準備に追われている。  人気者のミナミアメリカオットセイ「カイ」(雄)と「フー」(雌)。休館中も稽古を続けていたが、人に見られる緊張感がないためか、カイは「集中力が切れてやる気がなくなった」(小林龍二館長)。トレーニングの取材中も観客席の椅子の上でウロウロしていた。気が強いフーも、今後のステージ出演に向けて準備中。台に乗り体を回したり、敬礼のポーズをしたりしていた。  「世界でここだけ!?」をうたうカピバラも2匹でショーができるようにトレーニングをしている。新しく入った飼育員がドッグトレーナーで、訓練中だった。休館中はやはり、のんびり過ごしていたそうだ。

 生き物相手だから、客がいなくても世話は続けなければならない。餌やり、水槽の温度管理と休めない。  休館を機に、壊れている配管の修理や、はがれたペンキの塗り直しをした。水槽の壁に水玉模様を入れる工夫もした。飼育員たちの手作業だ。  また、解説を新しく書き直したり、人気薄の水槽をリニューアルしたりした。新しいサンゴの水槽を取り入れた。  休館中に釣り上げた150匹のサバを展示する。触っただけで死んでしまうので管理が難しく、他の水族館では見られないという。  コロナ禍で、魚の輸入も止まっている。いつもなら簡単に手に入っていたが、しばらくは難しくなりそうだ。

 コロナ対策は万全を期す。入館者は当面、住所と名前を記入する。感染者が発生した時に、連絡を取るためだ。消毒液も置いた。入館者は100人に制限、規制をかけることもある。  小林館長は「まだコロナは収まってないが、水族館でストレスを発散し、気分転換してほしい」と呼び掛けた。

関連記事

長野日報社

商店街「そっと」彩る七夕飾り 諏訪市末広

長野県諏訪市の末広連合商業会(長谷川佳史会長)は6日、七夕飾りを作り、商店街の街路灯に取り付けた。例年約3000人の人出でにぎわう恒例の七夕祭りは新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止したが...

長野日報社

遠照寺開創1200年記念に連鶴 富士連鶴の会が奉納

長野県伊那市高遠町山室の遠照寺に3日、同寺開創1200年を記念し、連鶴49個が奉納された。連鶴は静岡県富士市の「富士連鶴の会」が制作。1枚の紙から作り、数羽の鶴がつながっている連鶴が、1200...

「道の駅とよはし」全建賞道路部門を受賞

 豊橋市東七根町の道の駅「とよはし」が、全日本建設技術協会による全建賞の道路部門を受賞した。 優れた社会基盤整備事業を表彰するもので、自転車ツーリング用のサイクルピットや、電動アシスト自転...

長野日報社

諏訪湖サマーナイト花火 8月1日から開催

諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館組合でつくるサマーナイト花火実行委員会は26日、諏訪市の諏訪湖で花火を連日打ち上げる「諏訪湖サマーナイト花火」を8月1日から22日までの22日間、3密対策を講じた上で開...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク