全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

25日から蒲郡市竹島水族館再開

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で休館していた蒲郡市竹島水族館は25日から再開する。スタッフは、客を迎え入れる準備に追われている。  人気者のミナミアメリカオットセイ「カイ」(雄)と「フー」(雌)。休館中も稽古を続けていたが、人に見られる緊張感がないためか、カイは「集中力が切れてやる気がなくなった」(小林龍二館長)。トレーニングの取材中も観客席の椅子の上でウロウロしていた。気が強いフーも、今後のステージ出演に向けて準備中。台に乗り体を回したり、敬礼のポーズをしたりしていた。  「世界でここだけ!?」をうたうカピバラも2匹でショーができるようにトレーニングをしている。新しく入った飼育員がドッグトレーナーで、訓練中だった。休館中はやはり、のんびり過ごしていたそうだ。

 生き物相手だから、客がいなくても世話は続けなければならない。餌やり、水槽の温度管理と休めない。  休館を機に、壊れている配管の修理や、はがれたペンキの塗り直しをした。水槽の壁に水玉模様を入れる工夫もした。飼育員たちの手作業だ。  また、解説を新しく書き直したり、人気薄の水槽をリニューアルしたりした。新しいサンゴの水槽を取り入れた。  休館中に釣り上げた150匹のサバを展示する。触っただけで死んでしまうので管理が難しく、他の水族館では見られないという。  コロナ禍で、魚の輸入も止まっている。いつもなら簡単に手に入っていたが、しばらくは難しくなりそうだ。

 コロナ対策は万全を期す。入館者は当面、住所と名前を記入する。感染者が発生した時に、連絡を取るためだ。消毒液も置いた。入館者は100人に制限、規制をかけることもある。  小林館長は「まだコロナは収まってないが、水族館でストレスを発散し、気分転換してほしい」と呼び掛けた。

関連記事

長野日報社

信州ゆかりの刀剣並ぶ 長野県伊那市高遠町歴史博物館

 伊那市高遠町歴史博物館で、中世の古刀を集めた「信州ゆかりの刀剣展」が開かれている。高遠城などを舞台に、武田信玄の父、信虎の最晩年を描く映画「信虎」の公開を記念して企画。鎌倉から江戸時代初期ま...

長野日報社

蓼科湖畔でワーケーション 長野県茅野市などがモニターツアー

 長野県茅野市とちの観光まちづくり推進機構は27~29日、観光地で働きながら休暇を取るワーケーションのモニターツアー「茅野ウエルネスワーケーション」を同市の蓼科湖畔でキャンプ場などを運営するタイニ...

長野日報社

長野県諏訪地方の魅力ライブ配信 上社編、下社編見どころ紹介

 長野県諏訪地方観光連盟は20日、来春の諏訪大社御柱祭に向け、ウェブ会議システムを使って自宅などで諏訪地方の魅力に触れてもらう「諏訪の国オンラインツアー」を始めた。八ケ岳麓周辺を巡る上社編と諏訪...

長野日報社

自転車で巡る高遠 長野県伊那市でガイド付きモニターツアー

 自転車を活用したガイド付きモニターツアーが10日、長野県伊那市高遠町で開かれた。市地域おこし協力隊の石井基裕さん(30)がガイド役となり、見頃を迎えた紅葉や高遠藩ゆかりの職人集団「高遠石工」の石...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク