全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「世界青年の船」参加者が鶴南高訪問

鶴岡南高校の生徒たちが海外の青年と交流

 鶴岡市の県立鶴岡南高校(京谷伸一校長)の2年生が19日、内閣府主催の青年国際交流事業「世界青年の船」に参加するため来日した海外の青年たちと同校で交流した。

 同事業は明治100年記念で1967年にスタート。日本と世界10カ国からの18―30歳の青年計240人が、船上での共同生活や文化交流、セミナー、ディスカッションを通じて国際的視野を広げ、将来の国際貢献を目指すもの。このうち海外からの参加者120人は船上での研修の前に「地方プログラム」に参加し、本県を含む全国6県の訪問先で青少年などとの交流を深めている。

 今回の同校への訪問もこの地方プログラムの一環で行われ、本県での受け入れは県青年国際交流機構が運営している。オーストラリアと南アフリカ共和国の参加者24人が18日に来県、21日までの3泊の日程で庄内エリアでの酒蔵や寺院の見学、ホームステイを繰り広げる。

 19日の鶴岡南高校への訪問では2年生198人が歓迎。各クラスに分かれて活動し、理数科のクラスでは生徒たちが郷土食について英語でプレゼン。手作り感あふれる寸劇なども交え、特産品などの魅力を伝えた。続く海外の青年を囲んだ質疑応答では、「交流事業への参加理由は」「来日経験は」などと質問攻め。最後に手拭いや手まりなどのお土産をプレゼントした。

 オーストラリアから参加した公衆衛生学を専攻する大学生のジョルディナ・クエーンさん(24)は「国際交流や国際的視野を広げようと参加。楽しくて才能あふれる生徒たちばかり。趣味が勉強という子には驚いた」と笑っていた。

 石川賢さん(17)は「相手が話すことは分かるが、なかなか言葉が出てこなくて歯がゆい思い。もっと聞いたり、伝えたいことがあった」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

大たいまつ製作進む 那智大社で例大祭

 那智勝浦町那智山の世界遺産・熊野那智大社(男成洋三宮司)で、国の重要無形民俗文化財に指定されている例大祭「那智の扇祭り」(7月14日)で使われる大たいまつの製作が進んでいる。  熊野那智大社に...

新鮮野菜求め列 帯広市内サラダ館で「おはよう朝市」

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク