全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「世界青年の船」参加者が鶴南高訪問

鶴岡南高校の生徒たちが海外の青年と交流

 鶴岡市の県立鶴岡南高校(京谷伸一校長)の2年生が19日、内閣府主催の青年国際交流事業「世界青年の船」に参加するため来日した海外の青年たちと同校で交流した。

 同事業は明治100年記念で1967年にスタート。日本と世界10カ国からの18―30歳の青年計240人が、船上での共同生活や文化交流、セミナー、ディスカッションを通じて国際的視野を広げ、将来の国際貢献を目指すもの。このうち海外からの参加者120人は船上での研修の前に「地方プログラム」に参加し、本県を含む全国6県の訪問先で青少年などとの交流を深めている。

 今回の同校への訪問もこの地方プログラムの一環で行われ、本県での受け入れは県青年国際交流機構が運営している。オーストラリアと南アフリカ共和国の参加者24人が18日に来県、21日までの3泊の日程で庄内エリアでの酒蔵や寺院の見学、ホームステイを繰り広げる。

 19日の鶴岡南高校への訪問では2年生198人が歓迎。各クラスに分かれて活動し、理数科のクラスでは生徒たちが郷土食について英語でプレゼン。手作り感あふれる寸劇なども交え、特産品などの魅力を伝えた。続く海外の青年を囲んだ質疑応答では、「交流事業への参加理由は」「来日経験は」などと質問攻め。最後に手拭いや手まりなどのお土産をプレゼントした。

 オーストラリアから参加した公衆衛生学を専攻する大学生のジョルディナ・クエーンさん(24)は「国際交流や国際的視野を広げようと参加。楽しくて才能あふれる生徒たちばかり。趣味が勉強という子には驚いた」と笑っていた。

 石川賢さん(17)は「相手が話すことは分かるが、なかなか言葉が出てこなくて歯がゆい思い。もっと聞いたり、伝えたいことがあった」と話していた。

関連記事

長野日報社

学習就労支援を開始 駒ケ根市がIBMのプログラム活用

 駒ケ根市は7日、日本アイ・ビー・エム(IBM)が提供する社会貢献プログラム「SkillsBuild(スキルズビルド)」を活用した学習就労支援を始めた。市内に開設している駒ケ根テレワークオフィ...

荘内日報社

来年2月1-2日「王祇祭」史上初の中止

 鶴岡市黒川地区に長く伝わる黒川能(国指定重要無形民俗文化財)の「王祇祭」が来年中止されることが明らかになった。6日、春日神社の難波玉記宮司(77)から能役者をはじめ関係各所に通知された。毎年2月1~2...

群島在住者は観覧料100円 奄美パーク、島々の自然文化知る機会に 奄美市..

 鹿児島県奄美市笠利町の県奄美パークは4日、奄美群島在住者限定で観覧料の減額を始めた。地元住民に改めて奄美の自然や民俗、芸術などの魅力に触れる機会を提供する。8月31日まで。  同施設は来年で...

紀伊民報社

体操で地域のつながり 朝のごみ出し時に

 和歌山県印南町内で、朝のごみ出しで顔を合わせた住民らが一緒に体操をしている。希薄になっている隣近所のつながりを強め、津波といった災害時の連携に役立てるのが目的。体操はオリジナルで、笑顔を引き出...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク