全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪地方でトライアスロン競技を 大会実現へ諏訪湖で試泳

諏訪湖トライアスロン実現に向け諏訪湖で試泳を行う関係者

 諏訪湖を中心に諏訪6市町村を股に掛けて行う「諏訪湖トライアスロン」(仮称)の実現に向けて活動するトライアスロンチーム「SUWA SUN(スワサン)」と県トライアスロン協会は23日、諏訪湖での試泳を行った。関係者約30人が集まり、下諏訪町の漕艇場で実際に泳ぎ、水質や波の状況など泳げる環境であるかを確認した。

 トライアスロンはスイム(長距離泳)とバイク(自転車ロードレース)、ラン(長距離走)の3種目を連続して行う耐久競技。県内では野尻湖トライアスロン、スケートを取り入れた氷上トライアスロン小海が行われている。

 スワサンや県協会などは諏訪の豊かな自然を生かしたハーフディスタンス(スイム2キロ、バイク90キロ、ラン21.1キロ)大会の開催を目標に掲げている。 海外からの参加者も多い競技で、諏訪の観光の起爆剤にもなると期待を寄せており、来年6月の開催を目指して取り組み始めている。

 現時点でスイムは下諏訪町の漕艇場、バイクは漕艇場から富士見町乙事を折り返し地点として諏訪市のヨットハーバーに至るコース、ランは諏訪湖を一周して諏訪市街地も駆け巡るコースを想定しているという。

 試泳はスワサンメンバーら10人が実施。スイムスーツを着たメンバーたちは、泳ぎながらコンディションを肌で確認。透明度も悪くはなく、においも比較的少なく、波も穏やかでスイム会場として十分利用できることを確認した。

 両団体は今後、バイクコースも確認予定で、地域住民や各種団体など広く大会開催への理解と協力を求めていく考え。スワサンの小島拓也代表は「十分大会が開催できる手応えを得た。多くの人にトライアスロンの魅力を発信し、ぜひとも大会を実現させたい」と話していた。

 県トライアスロン協会の小林洋副会長は「諏訪湖は十分に泳げる水質で、これだけ好条件で長距離泳ができる自然環境は県内では少ない。トライアスロン開催は夢ではない」と期待した。

関連記事

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

食やスポーツ 事業展開 「アスリートファーム」設立 MTB・山本選手

 自転車マウンテンバイクで来夏の東京五輪日本代表が決まっている幕別町出身の山本幸平選手(34)=ドリームシーカーレーシングチーム-国際自然環境アウトドア専門学校、帯農高出=は、自らが個人事業主を務...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク