全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

大物に家族連れの歓声 鶴岡市由良海洋釣り堀 1カ月遅れてオープン

 鶴岡市由良の「海洋釣り堀」が23日、今シーズンの営業を開始した。新型コロナウイルスの影響で、例年より約1カ月遅いオープンとなったが、家族連れらがイナダやギンザケなどを釣り上げ、歓声を上げた。

 釣り堀は1978年、市が白山島の海岸に開設した。広さは約800平方メートル。2017年9月からは由良自治会(榊原賢一会長)の活性化委員会が、地元漁業者やまちづくり組織「ゆらまちっく戦略会議」と連携し、運営している。

 当初は例年通り、大型連休前の4月25日にオープン予定だったが、新型コロナの影響で約1カ月遅れとなった。「3密」回避のため、最大の入場者を本来の120人から50人程度まで絞り、午前9時、同11時半、午後2時からそれぞれ2時間程度で入れ替える入場制限を行う。入場者には「マスクを着け、間隔を空けて」と呼び掛けるなどコロナ対策を徹底する。

 初日のこの日はギンザケ約200キロをはじめ、イナダ、カワハギ、タカバ(イシダイの幼魚)などが放流された。体長40センチほどのイナダを釣り上げると、「やったー」と歓声を上げ、写真に収める家族連れもいた。

 子ども2人と初めて訪れたという鮭川村京塚の会社員、八鍬勇貴さん(28)は「予想より人が多いのが意外。自粛ムードが続いていたので、家族で出掛けたいと思っていた。ここなら幼い子どもも連れてこられるので、まずは安心して楽しめる」と話した。

 由良自治会の前会長で、活性化委員会代表の遠藤米太郎さん(71)は「運営に関わる人間は高齢者が多く、感染すると大変なので、今年は当初、運営しない方針だった。しかし、『楽しみにしている』といった問い合わせも多く、万全の対策を取った上で営業することにした。子どもが喜ぶ姿を見ると、やって良かったと思う」と話した。

 当面は土日・祝祭日のみ営業し、7月23日から8月16日までは毎日営業する。その後、8月17日―10月18日は火曜日定休の予定。営業時間は午前9時―午後5時。入場料は大人(高校生以上)1200円、子ども600円、見学100円。さおや餌、仕掛けは持ち込めない。問い合わせは同釣り堀=電0235(73)2666=へ。

例年より1カ月遅れで今シーズンの営業を開始した由良海洋釣り堀=23日午前10時ごろ

関連記事

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポット...

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク